Help us understand the problem. What is going on with this article?

【wordpress】画像ページを自動生成させないようにする

More than 1 year has passed since last update.

wordpressのメディアで画像をアップロードすると、自動でその画像だけのページ( ドメイン名/attachment/画像名 )が生成されます。
放っておくと検索結果にも出てきてしまいますので、以下の対応をしておきます。

■「image_default_link_type」を「none」に設定

① ドメイン名/wp-admin/options.php でwordpressの設定画面を開く。
②「image_default_link_type」を「none」に設定。※「変更を保存」を忘れずに!

img_02.png

これで画像ページへのリンクの設定がデフォルトで「なし」になります。

img01.png

なしにすることで、画像ページへのリンク(Googleが辿るルート)を作ってしまうリスクを減らすことができるらしいです。
…ですが、筆者が関わったサイトはgoogleの検索結果に出てしまっていました;
また、最近(?)はデフォルトで設定が「none」になっているみたいです。

■ 画像ページにアクセスがあった場合、添付元のページか、トップページにリダイレクトさせる

① attachment.phpを作成。
② ファイルに以下記入。

attachment.php
<?php
// 添付元(投稿、ページなど)のある添付ファイルページの場合、添付元にリダイレクト
if ( $post->post_parent ) {
    wp_redirect( get_permalink( $post->post_parent ), 301 );
}
// 添付元のない添付ファイルページの場合、トップページにリダイレクト
else {
    wp_redirect( home_url(), 302 );
}
?>

■ noindex

検索エンジンにインデックスされないよう、<head></head>内に以下記入。

header.php
<?php if ( is_attachment() ): ?>
<meta name="robots" content="noindex">
<?php endif; ?>

■ All in One SEO

プラグイン「All in One SEO」を使用している場合は「XMLサイトマップ」の設定を以下に設定。

①「投稿タイプ」の「メディア・添付ファイル」のチェックを外す。
img03.png

②「Exclude images」にチェックを入れる。
img04.png

参考

(WP)attachmentってなんだ!!このページはできれば削除したい。 - なるほどねっ!MEMO BLOG
添付ファイルページを無効にする(添付元にリダイレクト)
WordPress で画像ページを検索結果に表示させない

m_t_of
wordpressのカスタマイズ制作をしていることが多いです。 自分用のスニペット集代わりに記事を書いていこうと思います。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした