sjis案件に携わったので、
そのときお世話になったnkfについてまとめます(*'ω'*)

環境

  • macOS Sierra 10.12.6
  • ターミナル 2.7.3
  • nkf 2.1.4

nkfとは

(n)ネットワーク
(k)漢字
(f)フィルター のこと。

nkfの詳細とインストール方法については割愛します。

nkfを使ってやっていたこと

  • 文字コードの確認
  • 文字コードの変換

本稿では、この2項目についてのみ記載しています。

コマンド

まずは、文字コードを確認したいファイルが置かれている場所まで移動します。
移動したら、以下のコマンドを入力します。

文字コードの確認

nkf -g 文字コードを確認したいファイル

文字コードの変換

(例)sjisに変換
nkf -s --overwrite 文字コードを変換したいファイル

オプション

option character code
-g (auto)
-s shift_jis
-e euc-jp
-j jis
-w utf-8

上記オプションに加え、--overwriteをつけることで
文字コードを変換した後、対象ファイルが上書きされます。

おわりに

とても便利なのだけれど、
変換したファイルをぶらけっつ(1.11)で開こうとすると
たまにエラーが出てしまって困りました。

以上です(*'ω'*)

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.