Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry piのnode.jsをV4系 LTSに入れ替える

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

本記事は、RASPBIAN JESSIE(2016-03-18)にて、node.jsのバージョンをV4系のLTSに入れ替える方法を記載します。

古いバージョンを削除する。

デフォルトでインストールされているnode.jsはv0.10.29です。

pi@raspberrypi:~ $ node -v
v0.10.29

まずはこれを削除します。

pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get autoremove nodejs

新しいバージョンをインストールする。

nvmを使って新しいバージョンのnode.jsインストールします。
また、今回はシステム全体で同じnpmおよびnode.jsの環境が使えるようにします。
そのため、/usr/localの配下にnvmをインストールします。

pi@raspberrypi:~ $ sudo mkdir /usr/local/nvm
pi@raspberrypi:~ $ sudo chmod 777 /usr/local/nvm
pi@raspberrypi:~ $ git clone https://github.com/creationix/nvm.git /usr/local/nv
m
pi@raspberrypi:~ $ . /usr/local/nvm/nvm.sh

次回から自動でnvmの環境が実行されるように、/etc/profile.d/nvm.shを作成します。

pi@raspberrypi:~ $ sudo vi /etc/profile.d/nvm.sh

以下の内容を記載しておきます。

source /usr/local/nvm/nvm.sh

現時点(2016.4.27)での最新のLTSの4.4.3をインストールします。
※node.jsのLTSについてはこちらを参照。

pi@raspberrypi:~ $ nvm install v4.4.3

sudoでnode.jsが動作できるようにする

GPIOを制御する場合等はnode.jsをsudoで動作させる必要があります。その為の設定をしておきます。

pi@raspberrypi:~ $ sudo visudo

以下のように、secure_pathの行をコメントアウトし、env_keepの行を追加します。

Defaults        env_reset
Defaults        mail_badpass
#Defaults        secure_path="/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:...
Defaults        env_keep += "PATH"

npmもアップデートします。

pi@raspberrypi:~ $ npm update -g npm

以上です。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away