Help us understand the problem. What is going on with this article?

Renovateで作られたPRをAutomergeするまでの設定を行う

目的

  • Renovateを個人開発でサクッと導入したい
  • サクッと試してみたい人向け
  • Automergeに関する、Renovateの記事はあまりなかったので、書いてみた。

What's Renovate??

https://renovatebot.com/

image.png

  • npm Yarn Ruby GoなどのPackage更新に関する、PRを自動的に作成してくれる。
  • プランは無料プランと有料プランがある。Publicリポジトリは無料。Privateリポジトリは有料

いざ、設定!

1 CircleCIの設定

CIを設定することで、Renovateで作られた、PRがAutomergeされるようになる。
先にCircleCIの設定を済ませる。
CIの設定は、こちらの記事がとても参考になった。

https://qiita.com/tatane616/items/8624e61473a9957d9a81

2 Renovateの設定

1 GitHubのMarketPlaceから、RenovateBotを入手する。
↓↓↓
https://github.com/marketplace/renovate

上記リンクにいくと、
image.png

上記のような画面が出てくる。

下にスクロールすると、

image.png

Open Sourceを選択して、Install it for freeのボタンを押す。

image.png

Complete order and begin installationを押す。

image.png

使用するリポジトリの選択を行う

image.png

少し待つと、上記のPRがアクセス権を持たせたリポジトリーにできる。
(このPRでは、renovate.jsonなど、renovateに関する設定ファイルなどが含まれている。)
こちらを、一旦、merge。
mergeした後、renovate.jsonを下記のように変更する。

renovate.json

{
  "extends": ["config:base"],
  "automerge": true,
  "vulnerabilityAlerts": {
    "enabled": true
  },
  "lockFileMaintenance": {
    "enabled": true
  }
}

これで

- Package更新に関するPRがRenovateによって作られる。
- CIが通る。
- しばらくすると、merge

という、設定が出来た。

まとめ

  • あまりこだわらない、個人開発であれば、サクッと導入可能。とても、便利。
  • チーム開発で使うのであれば、packageが不規則な時間にmergeされたりするのは、万が一、エラーが起きたりする可能性に備えて、避けた方が良い気もした。よって、時間を指定するだとか、もう少し、細かい設定が必要そうに感じた。

参照

https://qiita.com/tatane616/items/8624e61473a9957d9a81

lumisasamaruere
学生エンジニアインターンです。 主にフロントをメインに開発させていただいております。バックエンドも少々...
https://www.wantedly.com/users/75337228
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした