既存ディレクトリにGitリモートリポジトリを適用

More than 1 year has passed since last update.

のっぴきならない理由1でFTP運用していたリポジトリをGitでデプロイ運用できるようにする

詳しくはこちらを参考に↓。

SE奮闘記: 既存のディレクトリ(フォルダ)にgit cloneして上書きしたい

$ git init

$ git remote add origin {{リモートURL}}
$ git fetch
$ git checkout -b branchname

# gitignoreだけ先に適用
$ git checkout origin/branchname -- .gitignore
$ git add --all
$ git commit -m 'before convert'

# 全ファイルをリモート優先でチェックアウト(マージじゃなく適用)
$ git checkout --theirs origin/branchname .

# 適用をコミット
$ git commit -m 'merge branch with branchname by checkout'

これでbranchnameブランチがorigin/masterを適用した状態になる。

この状態だとmasterにコミットが適用されてないのでpullすると毎度mergeコミット作らないといけなかったりするのでだるい。

先述の参考リンクだと --set-upstream-to を使ったりrebaseしているのだけど、以下のが楽そう

$ git checkout -t origin/master

$ git branch -D branchname





  1. ディレクトリ構成が違った程度の話を盛って話しています