1. livejam_db
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,304 +1,295 @@
Homebrew での開発環境構築も少し慣れてきたので、Apache, PHP, MySQL, Composer をインストールして、Yii Framework を動かすところまで書きたいと思います。
-## 実行環境
+# 実行環境
* OS X: 10.10
* Homebrew: 0.9.5
-## Homebrew のインストール
+# Homebrew のインストール
-**ターミナルを起動して、以下のコマンドを実行**
+#### ターミナルを起動して、以下のコマンドを実行
~~~sh
ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
~~~
* Mac 本体のパスワードを聞かれるので入力
* 「... コマンドラインデベロッパーツールをインストールしますか?」みたいなことを聞かれるのでインストールをクリック
* インストール後、Enter で Homebrew のインストールが開始されます
-**パスを通す** ( bash なら .bash_profile に追加)
+#### パスを通す ( bash なら .bash_profile に追加)
~~~sh:.bash_profile
export PATH=/usr/local/bin:$PATH
export PATH=/usr/local/sbin:$PATH
~~~
-**Java for OS X 20xx-xxx をダウンロード**
+#### Java for OS X 20xx-xxx をダウンロード
以下からダウンロードして、ダブルクリック。
http://support.apple.com/kb/DL1572
-**Git のインストール**
+#### Git のインストール
Mac OS X に元々入っているけど、最新のものを。
~~~sh
brew install git
~~~
-**Homebrew 本体のチェック**
+#### Homebrew 本体のチェック
とりあえずここで Homebrew がおかしくないかチェック。
「Your system is ready to brew.」と出れば OK。警告などが出たらその都度メッセージを読み解きながら対処。
~~~sh
brew doctor
~~~
-## MySQL のインストールと設定
+# MySQL のインストールと設定
~~~sh
brew install mysql
~~~
-**MySQL の起動**
+#### MySQL の起動
~~~sh
mysql.server start
~~~
-**root パスワードの変更**
+#### root パスワードの変更
~~~sh
mysqladmin -u root password
# 新しい root パスワードを入力する
~~~
-**MySQL のセキュリティ設定**
-( ルートパスワード項目以外はすべてデフォルトでOK )
+#### MySQL のセキュリティ設定
+( ルートパスワード項目以外はすべてそのままで OK )
~~~sh
mysql_secure_installation
~~~
-**MySQL の停止**
+#### MySQL の停止
~~~sh
mysql.server stop
~~~
-## Apache のインストールと設定
+# Apache のインストールと設定
-**homebrew/apache を追加**
+#### リポジトリを追加
~~~sh
+brew tap homebrew/dupes
brew tap homebrew/apache
~~~
-**外部 formula がインストール可になっているか確認**
+#### 外部 formula がインストール可になっているか確認
~~~sh
-brew search httpd22
+brew search httpd24
~~~
-**Apache のインストール**
+#### Apache のインストール
~~~sh
-brew install httpd22
+brew install httpd24
+~~~
+
+OS X 標準で入ってる Apache ではなく、
+Homebrew でインストールしたものか確認してみたり。
+( 多分 Yosemite では /usr/sbin/ に httpd, apachectl などが置いてある )
+
+~~~sh
+which apachectl
+# /usr/local/bin/apachectl と出れば OK。
+# /usr/sbin/apachectl と出る場合は場合はターミナルを再起動して再度確認してみる
+apachectl -v
~~~
**http.conf の設定**
-( 場所は /usr/local/etc/apache2/2.2/ 、ルートのパス、起動ユーザ名などは任意 )
+( 場所は /usr/local/etc/apache2/2.4/ 、DocumentRoot のパスは任意 )
~~~httpd.conf
+# php5 のモジュールの追加
+LoadModule php5_module /usr/local/opt/php54/libexec/apache2/libphp5.so
+
# DocumentRoot の変更
DocumentRoot "/Users/jamband/Dropbox/htdocs"
-# 起動ユーザの変更
-User jamband
-
-# php5 のモジュールの追加
-LoadModule php5_module /usr/local/opt/php54/libexec/apache2/libphp5.so
+# .htaccessでURLのoverwriteを許可 ( Directory "/Users/jamband/Dropbox/htdocs" 内 )
+AllowOverride All
# .php で php を実行できるように MIME タイプの追加 ( IfModule mime_module 内 )
AddType application/x-httpd-php .php
-# indexファイルにindex.phpを使えるように修正 ( IfModule dir_module 内 )
+# indexファイルに index.php を使えるように修正 ( IfModule dir_module 内 )
DirectoryIndex index.php index.html
-# .htaccessでURLのoverwriteを許可 ( Directory "/Users/jamband/Dropbox/htdocs" 内 )
-AllowOverride All
-
# Virtual hosts のコメントアウトを解除
-Include /usr/local/etc/apache2/2.2/extra/httpd-vhosts.conf
+Include /usr/local/etc/apache2/2.4/extra/httpd-vhosts.conf
# httpd-vhosts.conf には dummy があるので削除し、適当に任意のホスト追加し
# /etc/hosts も書き換えておく
~~~
-**変更後は Apache の再起動**
+#### 変更後は Apache の再起動
~~~sh
apachectl stop
apachectl start
~~~
-あと、Mac に元々入ってる Apache ではなく、
-Hombrew でインストールしたものか確認してみたり。
-( 多分 Mavericks では /usr/sbin/ に httpd, apachectl などが置いてある )
-~~~sh
-which httpd
-httpd -v
-~~~
access_log, error_log の場所は /usr/local/var/log/apache2/ です
-## PHP のインストールと設定
+# PHP のインストールと設定
-**リポジトリを追加**
+#### リポジトリを追加
( homebrew/dupes は Apache をインストール時に追加しましたが PHP 単体でインストールする場合は追加します )
~~~sh
brew tap homebrew/dupes
brew tap homebrew/versions
brew tap homebrew/homebrew-php
~~~
-**外部 formula がインストール可になっているか確認**
+#### 外部 formula がインストール可になっているか確認
~~~sh
brew search php
~~~
-**PHP54 のインストール**
-( APC も入れたかったので今回は php54 にしました )
+#### PHP54 のインストール
+APC も入れたかったので今回は php54 にしました
~~~sh
brew install php54 --with-apache --without-pear
~~~
インストール後は Caveats を見ながら、またいろいろ修正、設定していきます
-**php.ini の設定**
-( 場所は /usr/local/etc/php/5.4/ )
+#### php.ini の設定
+場所は /usr/local/etc/php/5.4/
~~~php.ini
date.timezone = Asia/Tokyo
default_charset = "UTF-8"
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.detect_order = UTF-8,SJIS,EUC-JP,JIS,ASCII
~~~
-**APC, Xdebug のインストール**
+#### APC, Xdebug のインストール
~~~sh
brew install php54-apc
brew install php54-xdebug
~~~
-設定ファイル /usr/local/etc/php/5.4/conf.d/ に置かれるので、php.ini には書き足さなくてよい
+設定ファイル /usr/local/etc/php/5.4/conf.d/ に置かれます
-## Composer のインストールと設定
+# Composer のインストールと設定
-**外部 formula がインストール可になっているか確認**
+#### 外部 formula がインストール可になっているか確認
~~~sh
brew search composer
~~~
-**Composer のインストール**
+#### Composer のインストール
~~~sh
brew install composer
~~~
-## Yii Framework でユニットテスト及び機能テストを実行
+# Yii Framework でユニットテスト及び機能テストを実行
これは読み手が限定されるので、必要な方だけどうぞ。
-**プロジェクトのルートディレクトに移動して composer.json を作成。**
+#### プロジェクトのルートディレクトに移動して composer.json を作成。
~~~composer.json
{
"require": {
"yiisoft/yii": "~1.1"
},
"require-dev": {
"phpunit/phpunit": "~3.7",
"phpunit/phpunit-selenium": "*",
"phpunit/phpunit-story": "*",
"phpunit/dbunit": "*",
"phpunit/php-invoker": "*"
},
"config": {
"vendor-dir": "protected/vendor"
}
}
~~~
-**ライブラリのインストール**
-( protected/vendor/ が作成され、そこにいろいろ置かれる )
+#### ライブラリのインストール
+protected/vendor/ が作成され、そこにいろいろ置かれる
~~~sh
composer install
~~~
-**ユニットテストの実行**
+#### ユニットテストの実行
~~~sh
cd ./protected/tests
../vendor/bin/phpunit unit
~~~
-**Selenium RC のインストール**
+#### Selenium RC のインストール
~~~sh
brew install selenium-server-standalone
~~~
-**selenium-server-standalone を起動**
+#### selenium-server-standalone を起動
~~~sh
selenium-server -p 4444
~~~
-**機能テストを実行**
+#### 機能テストを実行
~~~sh
../vendor/bin/phpunit functional
~~~
-## 各パッケージの削除方法
+# 各パッケージの削除方法
-**MySQL**
+#### MySQL
~~~sh
brew uninstall mysql
rm -rf /usr/local/var/mysql
~~~
-**Apache**
+#### Apache
~~~sh
-brew uninstall httpd22
-rm -rf /usr/local/etc/apache2/2.2
+brew uninstall httpd24
+rm -rf /usr/local/etc/apache2/2.4
rm -rf /usr/local/var/log/apache2
~~~
-**PHP**
+#### PHP
~~~sh
brew uninstall php54
brew uninstall php54-apc
brew uninstall php54-xdebug
rm -rf /usr/local/etc/php
rm -rf /usr/local/opt/php54/
~~~
-**Homebrew本体**
+#### Homebrew本体
インストールしたパッケージなどがすべて削除されるので注意して行なってください。
また、.bash_profile などに追加したパスは手動で削除します。
-~~~sh
-curl -O https://gist.githubusercontent.com/mxcl/1173223/raw/a833ba44e7be8428d877e58640720ff43c59dbad/uninstall_homebrew.sh
-~~~
-
-~~~sh
-sh uninstall_homebrew.sh
-~~~
-
-## まとめ
-
-これで MAMP などは使わずに開発環境の構築ができそうです。
-今年後半は Vagrant, Chef あたりを触っていきたいと思っています。
+[How do I uninstall Homebrew?](https://github.com/Homebrew/homebrew/wiki/FAQ#how-do-i-uninstall-homebrew)