Edited at

Ubuntu 18.04 LTS Serverのセットアップ

More than 1 year has passed since last update.

Ubuntu 18.04 LTS Serverのセットアップ手順をとりあえずまとめました。

後で修正予定。


1.Ubuntuの入手

Ubuntuの公式ページからisoイメージを入手します。

※RAID、LVMを使用する場合は、上記URLのlive DVD版では設定できないため、こちらから「ubuntu-18.04-server-amd64.iso」を入手します。


2.セットアップ

ウィザードの指示に従ってセットアップを実行します。

※最初の言語設定で日本語を選択すると一部箇所(パスワードが脆弱な場合の確認画面やアップデートの自動インストールの選択画面)で無限ループになるバグがある(2018/05/06現在)ため、英語でセットアップすることを推奨。

以下の手順はsambaサーバのみインストールした場合の手順のため、インストール段階でubuntu-desktopを選択してインストールした場合は状況が異なる可能性あり。


3.日本語化

こちらのページを参考に日本語化に必要なモジュール類を導入します。

またコンソール画面の文字化けに対応するため、こちらを参考にコンソールは英語、SSH接続時は日本語で表示されるように設定します。


4.X Window Systemの導入

必要であれば、sudo apt-get install ubuntu-desktopを実行し、X window環境を導入します。


5.ネットワークをGUIで管理可能に変更

初期状態ではネットワークの設定には/etc/netplan/配下のyamlファイルを直接修正する必要があります。

もし、GUIで修正したい場合は、yamlファイルのrenderer:networkdrenderer:NetworkManagerへ変更します。

参考ページ:

https://websiteforstudents.com/configure-static-ip-addresses-on-ubuntu-18-04-beta/


6.sshの有効化

apt-get install sshでインストール。

その後に設定ファイル(/etc/ssh/sshd_config)の

32行目付近にあるPermitRootLoginprohibit-passwordからnoに変更。

参考ページ:

https://qiita.com/pg_naoyuki/items/3602c41f143c08fadb1a


7.VNC(x11vnc)サーバのインストール



  1. apt-get install x11vncでインストール。


  2. x11vnc -storepasswdを実行しVNC接続時のパスワードファイルを作成する


  3. /etc/gdm3/custom.confを変更してディスプレイサーバをwaylandからXorgに切り替え

    #WaylandEnable=false
    

    WaylandEnable=false
    へ変更(コメントアウトを解除)



  4. VNCサーバをサービスとして登録するため、/etc/systemd/system/へvi等を利用してx11vnc.serviceを作成する。

    ファイルの中身は下記。

    [Unit]
    
    Description=x11vnc (Remote access)
    After=multi-user.target

    [Service]
    Type=simple
    ExecStart=/usr/bin/x11vnc -auth /run/user/ユーザーID/gdm/Xauthority -display :0 -rfbauth /home/ユーザー名/.vnc/passwd -rfbport 5900 -forever -loop -noxdamage -repeat -shared

    [Install]
    WantedBy=multi-user.target

    ユーザーIDはps -wwwaux |grep authで確認した値を入力する。



  5. sudo sytemctl -daemon-reloadで設定ファイルを反映する。


  6. sudo systemctl enable x11vncで自動起動を設定する。


  7. sudo systemctl start x11vncで起動。



  8. このままだと参考ページのようにログイン後の画面が表示されないため、下記の手順でログイン後の画面を表示するためのセッションを1つ追加する。

    1.vi ~/start_x11vnc.shで以下の内容のシェルスクリプトを作成

    #!/bin/sh
    
    x11vnc -display :1 -rfbauth /home/[ユーザー名]/.vnc/passwd -rfbport 5901 -forever -loop -noxdamage -repeat -shared

    9.GUIから自動起動するアプリケーションの一覧へ作成したシェルスクリプトを登録する

    10.vnc使用時は[IPアドレス]でログイン後に画面がブラックアウトするため、ブラックアウトしたウィンドウを閉じて[IPアドレス]:1で接続する。ログオフした場合は[IPアドレス]に接続してログインする。



参考ページ:

http://mixture.dcmnjp.net/linux/ubuntu/x11vnc_1710.html


完了