Help us understand the problem. What is going on with this article?

30日でできる! OS自作入門 Macで頑張る(環境構築)

2020/2/9

本記事が4年前(2016年)の記事になっていることに驚愕せざるを得ませんが、現段階で修正を行います。

現在は下記のQiita記事に従うのがよろしいかと思います。
https://qiita.com/tatsumack/items/491e47c1a7f0d48fc762
上記Qiita記事筆者のGitHubレポジトリ
https://github.com/tatsumack/30nichideosjisaku

現時点で確認されたリンク先修正などを実施致しましたが、本記事は古すぎるので削除することを検討中です。
なお、著者の河合先生監修の新作本も出ておりますので、こちらも是非ご参考ください。
作って理解するOS x86系コンピュータを動かす理論と実装

下記は4年前の環境構築となっております。
特に下で用いられているQ.appは、brew install qemuでインストールするのが一般的になっている印象です。
なお、brew install qemuを利用する場合は、上のQiita記事に従うのが良いと思います。

OS自作ができてしまう本がある

  • 30日でできる!OS自作入門
  • 筆者サポートページ
    • ちなみに電子版が圧倒的に安価で売られている可能性もあるので、これから買う人は確認するべし
  • 読み始めとしては、平易な言葉遣いで、簡単だよ〜と言って応援しながらOS作りを教えてくれる印象
  • 基本はWindowsを想定に作られているが、Macでも環境が整うようなライブラリを作ってくださった人がいる

環境構築

私のPCの状態説明

  • MacBook Pro OS X EI Capitan ver.10.11
  • 2016/7/11現在

手順

  • HariboteOSという名前のディレクトリをホームディレクトリに作成、移動
  • サポートページから、CDイメージをもらう
    • projectsディレクトリとtolsetディレクトリをcp -r dir .でコピー
  • tolsetOSXをダウンロード
    • z_toolsディレクトリをコピー
  • Q.appをダウンロード

    • 上のgithubではリンクがなくなってしまっているが、探すとQ.appDLページはある(:3ほ
    • Q emulator
    • Q.appをApplicationに入れてしまうのではなく、ターミナルにドラッグして、パスを表示させたら、コピーで取得する
  • curl https://raw.githubusercontent.com/sandai/30nichideosjisaku/master/bin/install.sh | sh

    • あとは実行したいディレクトリでmake run

参考ページ

lilybrevec
まったり。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした