Edited at

AWS ワークスタイル

■いつでも、どこでも、どのデバイスでも

いつでも、どこでも、どのデバイスでも利用できるという点がポイントです。

3A
何が必要?
AWSサービスでは?

いつでも
 アプリケーション

WorkSpaces→仮想デスクトップ
Appstream2.0→アプリケーションストリーミングサービス

どこでも
 データ

WorkDocs→ドキュメント共有コラボレーション

どのデバイスでも
コミュニケーションツール
Chime→オンライン会議チャット


■なぜ、クラウド型デスクトップ AWS?

・変革を確かめ実績を積み上げながら、拡大していくことが重要です。この変革(PDCA)には時間を要する場合があり、クラウド型デスクトップではいつでも、すぐに始められるという点がポイントです。

・上記のような利便性に加えてセキュリティとの両立に優れている。

・フルマネージド型サービスで運用性に優れている。

・既存のオンプレミスツール(ADやRADIUS)と容易に連携が可能です。