Posted at

初めてGit、GitHubを使用してみた。基本的な使い方まとめ2

初めてGit、GitHubを使用してみた。基本的な使い方まとめ1の続き。


Gitの操作

やったことのみ記載。主にこちらのサイトを参考にさせていただいた。

https://qiita.com/kohga/items/dccf135b0af395f69144


1. リモート(Web上)のリポジトリをローカルへクローン(複製)

webでリポジトリのトップページを開き、Clone or downloadをクリック。表示されるURLをコピーする。

Windows10上のUbuntu(Windows Subsystem for Linux)を起動する。

以下のコマンドでリモート(web)からクローンする。

$ git clone https://github.com/XXXX/XXXXXX.git ←コピーしたURL

lsコマンドでディレクトリ一覧を確認→リポジトリ名のディレクトリが作成されており、そのディレクトリの中にはリモートと同じファイルがローカルへクローンされていることを確認。


2. add, commit, pushの実施

viコマンドでREADME.mdを編集し上書きする。コミットするために、先ず以下コマンドでadd(ファイルの登録)をする。


$ git add <ファイル名>

そして以下のコマンドでコミットを実行。

$ git commit -m "コミットメッセージ"

そしてリモート(web)へpush。


git push origin

web上を確認するとリポジトリにローカルのgit操作での変更が反映されていることを確認。

Git操作はここまで。