Linux
Ubuntu
Budgie
Solus

私がデスクトップ環境として Budgie を愛用している理由


1. はじめに

 現在,Linux のデスクトップ環境は GNOMEKDE を筆頭に,GNOME から派生した MATECinnamon。また,独立系として XfcePantheon など,多種多様なものが存在しています。その中でも,筆者は Budgie を愛用しています。この記事は,筆者がこれまでに使用してきたデスクトップ環境と比較しながら,Budgie を愛用する理由を記述したものです。

 続く 2 章では,Budgie の概要について記述します。3 章では,Budgie の魅力について記述します。4 章では,Budgie の欠点について記述します。5 章では,本記事のまとめを記述します。


2. Budgie の概要

 Budgie は,Solus Project によって開発されているオープンソースのデスクトップ環境です。現在は,ツールキットとして GTK+3 を採用しており,GTK+4 への移行が公式で発表されています。


3. Budgie の魅力

 筆者が思う,Budgie の魅力を以下に示します。

 (1) シンプルでエレガントなデザイン

 (2) 必要十分な設定項目

 (3) カスタマイズ可能なパネル

 全体の印象としては,GNOME・Cinnamon・Pantheon の良い部分を抽出したようなデスクトップ環境です。


4. Budgie の欠点

 筆者が思う,Budgie の欠点を以下に示します。

 (1) 技術が枯れきっていない

 GNOME や KDE などに比べると,Budgie は新しいデスクトップ環境なので,少なからずバグが残っています。また,開発を行っている Solus Project は,小規模なチームです。そのため,枯れきるまでに時間がかかることが予想されます。

 (2) 拡張性が低い

 GNOME Shell Extensions や Cinnamon Spices のように,ユーザーが開発した Applet を配布・インストールする手段が無いので拡張性に劣る。

 ※ Budgie Applets という snap アプリを用いることで非公式の Applet をインストール出来るが,ユーザーが配布できる機能は無い


5. おわりに

 4 章で述べた通り,Budgie は完璧なデスクトップ環境ではありません。しかし,その欠点を帳消しにするほどの魅力があると筆者は感じています。また,今後のアップデートで,より良いデスクトップ環境になると思います。最後に,この記事が Budgie を知るきっかけになれば幸いです。


参照情報