Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ubuntu Kazamで作った動画をiPadで使う

そのままではつかえない

iPadではmp4をサポートしていると読んだので、Linuxで作った動画をiPadに移せば普通に使えるだろうと思っていたら、
iMovieには影も形も出てこない。ファイルアプリで見てみると、ファイルは認識されるもののプレビュー不可。
他の動画編集ソフトでももちろん使えなかった。。

VLCで変換するとOK

mp4の音声部分をAACにすればOKで、VLCでそれができるというブログを見たので、やってみるとうまく行った。

ffmpegでできないか

VLCはGUIの奥深くまでいかないと変換できず、動画ごとにやるのはきついので、ffmpegで出来ないか試してみた

$ ffmpeg -i src.mp4 -vcodec libx264 -acodec aac out.mp4

が、ダメだった。。

うまくいくファイルと、うまくいかないファイルを比較

何がおかしいのか調べるために、ffmpegで動画ファイルの属性を出力して比較してみた。

Audio

Audioは、うまく行かない方はmp3で、うまく行く方はAACになっている。問題なさそう。。

# うまくいくファイル
$ ffmpeg -i working.mp4 2>&1|grep Audio:
    Stream #0:0(eng): Audio: aac (LC) (mp4a / 0x6134706D), 44100 Hz, stereo, fltp, 21 kb/s (default)

# うまくいかないファイル
$ ffmpeg -i not-working.mp4 2>&1|grep Audio:
    Stream #0:1(und): Audio: mp3 (mp4a / 0x6134706D), 44100 Hz, mono, s16p, 40 kb/s (default)

Video

Videoの方では大きな違いが見付かった。うまく行く方はyuv420p、うまく行かない方はyuv444vになっている!

# うまく行くファイル
$ ffmpeg -i working.mp4 2>&1|grep Video:
    Stream #0:1(eng): Video: h264 (High) (avc1 / 0x31637661), yuv420p(tv, bt709), 1898x1400 [SAR 1:1 DAR 949:700], 284 kb/s, 30 fps, 30 tbr, 90k tbn, 60 tbc (default)

# うまくいかないファイル
$ ffmpeg -i not-working.mp4 2>&1|grep Video:
    Stream #0:0(und): Video: h264 (High 4:4:4 Predictive) (avc1 / 0x31637661), yuv444p(tv, bt709), 1898x1400 [SAR 1:1 DAR 949:700], 599 kb/s, 30 fps, 30 tbr, 3k tbn, 60 tbc (default)

動いた!

ググると、-pix_fmt yuv420pyuv420pを指定できるようなので、そのオプションを追加したところ動いた。

$ ffmpeg -i src.mp4 -vcodec libx264 -pix_fmt yuv420p -acodec aac out.mp4
kzee
話半分で聞いてください
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした