Help us understand the problem. What is going on with this article?

C++アクセス指定子(public,private,protected)について

■使い方

コード例

class Chr
{
public:
    //ここからpublic    
    void SetHp(int hp);//HPをセットする
private:
    //ここからprivate
    int nowMode;//現在の動作モード
protected:
    //ここからprotcted
    float x, y;//キャラクターのポジション
};

コードの様に、"アクセス指定子:"より後に記述した変数や関数に適応されます。

■3つの使い分け

publicは、中でも外でも使えるもの。

privateは、中でのみ使えるもの。

protectedは、普段はprivateと同じですが継承先ではpublicと同じように使えます。

継承とは?

継承は簡単に言うと、継承元クラスの機能を継承先クラスでも使うというものです。

image.png

上の図では、CharacterというクラスをもとにPlayerやEnemyのクラスを作っています。

コード例

class Chr
{
public:
    //ここからpublic    
    void SetHp(int hp);//HPをセットする
private:
    //ここからprivate
    int nowMode;//現在の動作モード
protected:
    //ここからprotcted
    float x, y;//キャラクターのポジション
};

class Enemy:public Chr//←継承
{
private:
    float targetPos_x;//攻撃するターゲットの座標x
    float targetPos_y;//攻撃するターゲットの座標y 
};

継承の詳しい説明は、"C++継承"などで調べてみてください。

■お疲れ様です!

今回は、珍しくプログラマーっぽい事を紹介しました。普段ゲームを作っている者なので、ゲームよりの説明にはなってしまいますが、参考になれば幸いです。
他の記事も観てね←(;^ω^)

kyoro_1192
名古屋でゲーム作りを学んでいる学生です!! 主食は、ドット絵とスポーツです(´・ω・`) Twitter https://twitter.com/kyoro1192
https://kyoro1192.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away