CData

CData Drivers ハンズオン(サマリ 編)

はじめに

本資料は、CData Software Japanのハンズオン向けの資料です。本ドキュメントをもとに実機にCData製品をインストールして手順に沿って実際に各種ツールやプログラムから使用する事でCData製品の特徴や具体的な利用方法を理解して頂くことを目的としています。

前提環境

ハンズオンには以下の環境が必要となります。

  • Windowsマシン (Windows10が望ましい)
  • インターネットへ接続可能 (プロキシサーバ経由でのアクセスが必要な場合はご連絡ください)
  • Windowsの管理者権限が付与されており、プログラムのインストールが可能であること

事前準備

ハンズオンを行うマシンにインストールが必要なP.P.は以下の通りです。事前にインストールしてください。

  • Microsoft Excel (2007以上)
  • Microsoft Power BI Desktop
    • (注)デフォルトだと英語版がインストールされますので「高度なダウンロード オプション 」から「Japanese」を選択してダウンロードください。
  • VisualStudio Community 2017
  • Salesforce、および、kintoneアカウント取得用のメールアドレス

※ メールアドレスをお持ちでない場合は、下記の「アカウント取得」手順内の「MicrosoftアカウントのOutlookメールアドレスを取得する方法」にてメールアドレスを取得してください。ただし、その場合、SMSメッセージが受信可能な携帯電話の番号の登録が必要となります。

ハンズオンの内容

アカウント取得 編

※ メールアドレスをお持ちの場合は、既存のメールアドレスを利用していただいても結構です。上記手順でメールアドレスを取得するにはSMSメッセージが受信可能な携帯電話の番号の登録が必要となります。

Excelからの利用 編

BIツールからのビジュアライズ 編

サービス間連携アプリケーション 編

※ 上記サンプルプログラムは、既にSalesforceおよびkintoneへの接続情報を含んでおります。ただし、同じアカウントで複数の参加者でご利用となりますので、複数の参加者がご利用の場合は他の方が登録したデータが表示されますのでご承知ください。

(ご参考)CData製品ビルド格納パス

Salesforce

kintone