Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

「確率プログラミングの世界:論理と確率をつなぐ人工知能」メモ

More than 3 years have passed since last update.

先日開催された「確率プログラミングの世界:論理と確率をつなぐ人工知能」(主催: 産業技術総合研究所人工知能研究センター)を聞いてきたので簡単なメモを残してみる。

結論からいうとよくわからなかった...

人工知能の発展とともに、確率的な振舞いを表現できるような界面言語が求められている、というような話だったように思う。

とりあえず、ディープラーニングを使うならEdward、そうでなければPRISMを使っておけばよいらしい。

「確率プログラミングの発展と記号的確率モデリング言語PRISM」

  • 確率プログラミングの発展の歴史とか概念的な部分の話
  • PRISM(確率モデリング言語としてはかなり歴史があるらしい…)の話

「深層学習と確率プログラミングを融合したEdwardについて」

  • Pythonライブラリ
  • TensorFlowの計算グラフ上に確率モデルを構築する
  • 実例が多めでイメージがしやすかった

資料

http://www.airc.aist.go.jp/seminar_detail/seminar_017a.html

kusano_t
techfun
Tech FunはITの力で世界を豊かにする総合サービス企業です。 IT研修スクール「TechFun.jp(https://techfun.jp/)」、eラーニングプラットフォーム「StudySmile(https://studysmile.com/)」のほか、ミャンマーオフショア開発、スマートフォンアプリ開発、Webシステム開発、SIサービスを展開しています。
https://www.techfun.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away