Edited at

Office365共有メールボックスでのメールワイズ運用

以下のような状況でのメールワイズ運用について考えます。


  • Office365の共有メールボックスをメールワイズのメールボックスにしたい

  • Office365とメールワイズを併用している


    • Office365のメールは残しておきたい



  • 複数のメールアドレスを共同で運用している

  • Office365のライセンス(Exchange Online)は一つで済ませたい

以下のような要件です。


  • メールワイズを運用するためにはPOP3に対応したメールボックスが必要(IMAPでもできなくはないですが)

  • 本運用で使うのでメールボックスにメールを残さないようにする

  • POP3用にOffice365共有メールボックスを使用

  • Office365宛てのメールを共有メールボックスに常時転送(リダイレクト)

  • POP3アクセスにはExchange Onlineのライセンスが必要

項目

説明

利用部門
営業

Office365メールアドレス
sales@*****.co.jp
営業

Office365共有メールボックス
mw_sales@*****.com
営業(メールワイズ)

Office365ユーザー(POP3アクセス用)
mailuser@*****.com
メールユーザー


Office365の設定


  • POP3アクセス用にOffice365ユーザーを作成


    • "mailuser@*****.com"とする(名前はなんでもいいですが)

    • Exchange Onlineのライセンスを付与

    • POP3アクセスを有効にする(Exchangeの設定 > メールボックスの機能)



  • 共有メールボックスを作成


    • "mw_sales@*****.com"とする

    • "mailuser@*****.com"をメンバーに追加する(受信用)



  • Office365メール(sales@*****.co.jp)の設定


    • "mailuser@*****.com"をメールボックスアクセス許可の所有者に追加する(送信用)

    • メールの転送先アドレスを"mw_sales@*****.com"にする

    • "転送されたメールのコピーをこのメールボックスに保持する"をオンにする



共有メールボックスのメンバー追加

image.png


メールワイズの設定


メールサーバー設定

以下のようにメールサーバーを設定します。

image.png


メールアカウント設定

以下のようにメールアカウントを設定します。メールアカウント名の値がポイントです。

mailuser@*****.com\mw_sales@*****.com

image.png


まとめ

これで,Office365とメールワイズで同じメールアドレスを運用できるようになりました。共有メールボックスを増やせば,その分メールアドレスを増やすこともできます。Office365の他にメールサーバーを用意する必要が無いので便利です。