Rails
Mac
MySQL
homebrew
VSCode

Rails環境構築からプロジェクトの開始まで

はじめに

以前にも記事を書きましたが、見直したときにわかりづらさと間違い、変更点などが気になったため再度投稿し直します。

所謂初学者のゴミ記事と思われるかもしれませんが、
忘却録かつ、初心者目線のわかりやすい記事として書けたらいいなと思います。

環境

  • macOS Mojave 10.14
  • Visual Studio Code 1.28.2
  • ruby 2.5.1
  • rails 5.2.1
  • mysql 8.0.12

手順

1.xcode/コマンドラインデベロッパツールのインストール

xcode:appleがつくった統合開発環境。

appstoreでインストールする。

完了したら

terminal
$ xcode-select --install

1.homebrewのインストール

homebrew:ソフトウェア導入を単純化するパッケージ管理システム。
ターミナルから簡単にソフトをインストールできる。

homebrewの最新コマンドを実行
↓は2018年11月18日でのもの

terminal
$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
確認
$ brew doctor
Your system is ready to brew.

2.vscodeのインストール

マイクロソフト製のコードエディタ。ものすごく快適。軽快。感動。すごい。

ここからダウンロードできます。
インストールしましょう。

日本語化などの拡張機能については詳しくまとめてある記事があるので参考に。

開発が捗る Visual Studio Code 拡張機能

vscode上でcontrol+shift+@でterminalが開くのでここからはそこで作業するといいと思います。

3.rbenvのインストール

rbenv:rubyのバージョンを切り替えることができる。

terminal
$ brew install rbenv

rbenvとは?(rbenvを利用したRubyのインストール)

4.rubyの最新版をインストール

terminal
$ rbenv install -l

スクリーンショット 2018-11-18 16.42.04.png

-devのついていない最新版(今回は2.5.3)をインストールする。

terminal
$ rbenv install 2.5.3

$ touch ~/.bash_profile
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

ターミナルを再起動

$ rbenv global 2.5.3

真ん中3行はおまじない。(ターミナルへrbenvを使用するための設定)

確認
$ ruby -v
ruby 2.5.3p105......

5.bundlerのインストール

bundler:gem管理システム。プロジェクトごとにgemを管理できる。
gem : ruby用のライブラリ。railsとかbundlerもgemの一つ。

terminal
$ gem install bundler
$ rbenv rehash

Bundlerの使い方

6.Railsのインストール

terminal
$ gem install rails
確認
$ rails -v
Rails 5.2.1

7.MySQLのインストール

mysql : リレーショナルデータベース。アプリ内のユーザーなどの情報を保存する場所。

terminal
$ brew install mysql

実行

terminal
$ mysql.server start

エラーが出る場合
ERROR! The server quit without updating PID file

解決法
$ sudo rm -rf /usr/local/var/mysql
$ brew uninstall mysql
$ brew install mysql
$ mysql.server start

8.ワークスペースフォルダの作成

作業用のフォルダを作成する。
今回はws_testというフォルダを作りました。

9.Railsプロジェクトの開始

terminal
$ cd ws_test
$ rails new pjt_test --database=mysql

pjt_testには好きなプロジェクト名を入れてください。

10.データベースの作成

pjt_test_development データベースを作成。
terminal:terminal
$ rails db:create

11.railsサーバー立ち上げ(確認)

プロジェクト名のフォルダが作成されたので移動します。

terminal
$ cd pjt_test
$ rails s

http://localhost:3000/

で下のように表示されたら完了。

スクリーンショット 2018-11-18 17.43.53.png

エラーが出る場合
スクリーンショット 2018-11-18 17.50.34.png

terminal
$ mysql.server start
$ rails s

お疲れ様でした。