Help us understand the problem. What is going on with this article?

YAPC::Asia Tokyo 2014のまとめ

More than 5 years have passed since last update.

YAPC::Asia Tokyo 2014のまとめ

2014-08-29

  1. 完成されたシステムなどない。完成された人間もいない。あるのは成長し続ける未完成なシステムと、それを支える未完成な人間だけだ
  2. Go For Perl Mongers
  3. Introducing Swift - and the Sunset of Our Culture?
  4. Perl::Lint - Yet Another Perl Source Code Linter
  5. 作られては消えていく、泡のように儚いクラスタの運用話
  6. Scala In Perl Company : Hatena
  7. Git を使ったツール開発
  8. Windows ユーザーのための Perl による Web アプリケーション開発チュートリアル
  9. コマンドラインツールについて語るときに僕の語ること
  10. いろんな言語を適材適所で使おう
  11. WHERE狙いのキー、ORDER BY狙いのキー
  12. TWiki − Perlで書かれたプログラマブルでglueでスケーラブルなCMS
  13. O2O/IoT/Wearable時代におけるWeb以外のネットワーク技術入門
  14. ウェッブエンジニアのローレベルプログラミング
  15. 開発合宿!!!!
  16. 初心者が Web エンジニアのコミュニティに触れてみて感じたこと - ゆとりエンジニアの成長戦略

2014-08-30

  1. オープンソースの開発現場 - Perl 5.20 のSubroutine Signaturesが来るまでの奮闘の軌跡
  2. 突然ITインフラを任された人のための…監視設計入門
  3. Dockerで遊んでみよっかー
  4. Google BigQuery で DWH 構築
  5. ほんとにあったスキーマの話 「ソーシャルゲーム」
  6. Perl For (Non?) Perl Mongers
  7. モバイルアプリとAPIのありかたを考える2014
  8. Perl5 meta programming
  9. Mobile Application Development for Perl Mongers
  10. OAuth/OpenID Connectを用いてID連携を実装するときに気を付けること
  11. そんなにビッグでもないデータ処理手法の話
  12. 趣味開発のためのクラウド/VPS活用術
  13. Perlの静的解析入門とPerlリファクタリングツールApp::PRTのご紹介

LT/トークセッション

  1. GIFMAGAZINEの話
  2. ttyrecからアニメを作る話
  3. 5分でわかる! 技術系イベント 運営のコツ
  4. 新卒インフラエンジニアがピクシブ新社内広告サーバー構築に挑んだ話
  5. Perlあるある
  6. プライベートで3年間チーム開発した話

レポート

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした