環境構築
ATOM

ATOM でツリービューが表示されなくなる問題を解消する

導入

ATOM 1.21.0 にアップデートしてからというもの、フォルダを開いた時にツリービューに何も表示されなくなる現象が発生するようになった。特別エラーも出ず、またそのフォルダで事前に開いていたファイルなどはタブに表示されているという状態である。

とりあえず issue に何か起票されてないものかと思って調べたところこれに解決方法が掲載されていたので、転載し紹介したい。

やり方

  1. 編集中とか含めて、まず開いているタブを全部閉じる(保存してないやつは保存するなりなんなりする)。
  2. ATOM をすべて終了させる(複数開いている場合は全部終了する、macOS であれば cmd+q する)。
  3. ターミナル等から $ atom --clear-window-state を実行する。ATOM が一旦起動するが終了させる。
  4. ターミナル等から $ atom --safe を実行する。ATOM が起動する。
  5. ATOM を終了させる。
  6. 再度 ATOM を実行し ファイル > 開く で任意のフォルダを開く。ツリービューが表示されることを確認する。

原文はこちら。プロジェクトに特化した説明だけど、フォルダのオープンについても同じと思われる。

試して意味がなかったこと

アンインストールして再インストール。これで改善しなかったので本体のバグなのかな?と思ったけど、どうやらキャッシュ周りの動作である模様。