Swift

SwiftでStoryBoardを使わずにコーディングする方法

More than 3 years have passed since last update.

SwiftでStoryBoard無しで開発を進めるための手順を書きます。

サンプルをgithubに上げておきました。SwiftNonStoryBoard


やることは3つの簡単な手順だけ


1.Empty Applicationでプロジェクトを立ち上げる

File>New>ProjectでEmpty Applicationを選びます。


2.ViewControllerのソースファイルを作成する

Command + Nを押して新しくSwift Fileを作成します。

中身はViewControllerにしたいのでベーシックに

class ViewController:UIViewController {

override func viewDidLoad() {
super.viewDidLoad()

self.view.backgroundColor = UIColor.yellowColor()
}
override func didReceiveMemoryWarning() {
super.didReceiveMemoryWarning()
}
}

としておきます。

途中でわかりやすいようにself.view.backgroundColor = UIColor.yellowColor()でviewに色をつけておきました。


3.AppDelegateに三行追加する

var window: UIWindow?

//navigationControllerを追加
var navigationController: UINavigationController?

func application(application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: NSDictionary?) -> Bool {
//以下2行追加
navigationController = UINavigationController()
var viewController: ViewController = ViewController()

self.window = UIWindow(frame: UIScreen.mainScreen().bounds)

//rootViewControllerにviewControllerを指定
self.window!.rootViewController = viewController

self.window!.backgroundColor = UIColor.whiteColor()
self.window!.makeKeyAndVisible()
return true
}

というように、

・navigationControllerの追加

・viewControllerの追加

・rootViewControllerにviewControllerを指定

の三行を書いてやればStoryBoard無しで開発が進められます。


もう既にSingle View Applicationなどでプロジェクトを立ち上げていた場合

既にStoryBoardを作成した状態のプロジェクトを立ち上げてしまっている場合はStoryBoardのファイルを削除して上記のAppDelegateの手順をやればStoryBoard無しで開発を進められます。