Python
OpenCV
Python3
colaboratory
GoogleColaboratory

はじめに、そしてオチ

 画像処理の必須ライブラリであるOpenCV(https://opencv.org/)をgoogle Colaboratoryで使うまでの手順です。
 何かしら作業が必要かと思いましたが、import cv2で問題なく動作します。
googleさん至れり尽くせりですね。

サンプル

 画像ファイルをアップロードして、Colaboratory上に表示します。
プロジェクト作成、画像アップロードについては前記事(URL)を参考にしてください。

ライブラリのインポート

 OpenCV、matplotlib(描画用)をインポートします。
1行目の%matplotlib inlineはJupyter notebook上にmatplolib描画するためのお決まりですね。

%matplotlib inline
import cv2 # opencvのインポート
import matplotlib.pyplot as plt # matplotlib(描画用)

print(cv2.__version__)

結果、3.4.0とOpenCVのバージョンが返ってきます。

ファイルアップロードと描画

今回は、len_std.jpgというファイルをアップロードしました。

from google.colab import files #
f = files.upload() #ファイルアップロード

アップロードしたファイルをimreadで読み込んで、plt.imshowで表示します。
表示の前に、BGRをRGBに変換しています。

img=cv2.imread("./len_std.jpg")

show_img = cv2.cvtColor(img, cv2.COLOR_BGR2RGB)
plt.imshow(show_img) #表示

実行結果
スクリーンショット 2018-04-01 8.02.50.png