Android
iOS
Unity
weibo
wechat

日本からWeChat、Weiboでログイン機能を実装のためにやること(中間報告)

はじめに

アプリやウエブでWeChat、Weiboを使ってログイン処理(OAuth)を行うための方法と、必要なこと、つまづいたことをまとめてます。(まだ作業途中で実現できてはいませんのであしからず)

やる意義

  • アプリ独自でログインID、パスワードを入力する機能を作成するのは、利用者からみて開発者を信用できないので回避しなければならない。大抵FacebookやGoogleでログインするとかそのためです。
  • Facebook、Googleは中国では利用できないのでそれに変わるログイン方法を行う。
  • WeChat、Weiboの利用状況はこんな感じで他アプリを圧倒してる。

ログイン方法(WeChatもWeiboも同じ)

ログイン方式は以下のどれか

  • ウエブ: ログイン前のページ > ログインボタンクリック > OAuth認証ページ > CALLBACK > ログイン後のページ
  • アプリ1: ログイン前の画面(アプリ) > ログインボタンクリック > OAuth認証ウエブページ > CALLBACK > ログイン後の画面(アプリ)
  • アプリ2: ログイン前の画面(アプリ) > ログインボタンクリック > アプリ連携認証画面 > ログイン後の画面(アプリ)

(WeiboOAuth認証ウエブページ)

(アプリ連携認証画面)

SDK

独自実装してたら日が暮れてしまいますので公式が提供してくれているSDK・ライブラリがあります。
Githubにもオープンソースがありますのでお好みでどうぞ

公式

WeChat SDK

Weibo SDK

必要なこと

  • アカウント作成

    • appid発行とアプリ情報を管理画面から設定することが一番大変な作業となります。
    • appid発行するたには開発者(公式)アカウント作成が必要。
    • 開発者アカウントを作成するためには上記SDKダウンロードページからアカウント登録を行う。
    • 開発者アカウント登録を行うためには以下のような情報が必要です。
      • SMS認証するための中国携帯
        • 電場番号登録先に日本を選べないのが残念・・・
      • 運転免許証 or 中国身分証 or パスポートの画像(いずれも画像キャプチャを取って登録することになります)
  • アカウント作成できたらあとはここを参考にappid、secretを発行してSDKなどに埋め込むだけです。

つまづいていること

  • 個人情報の画像キャプチャを取ることに抵抗あるので信用できるアカウント作成代行業者はどこかというとこです。
  • 以下業者に問い合わせしてるのですけど反応ないですね。個人利用は対象外なのかな。

以上