Help us understand the problem. What is going on with this article?

はじめての Ruby on Rails 環境構築とキャッチアップメモ <2019.01>

最近、Ruby on Rails のお仕事をもらったので、
RubyとRailsの環境構築とキャッチアップでやったことを備忘する。

前提

  • Mac OS High Sierra
  • homebrew インストール済み

環境構築メモ

最初、systemに入っているrubyで環境構築を進めていたが、
root権限が必要だったりで少しハマり、最終的にrbenvを入れる形に落ち着いた。

ruby インストールまで

関連ツールをbrewでインストール。

$ brew install rbenv ruby-build rbenv-communal-gems

rbenvコマンドの有効化、パスを通すために .bash_profile  に以下を追記

# rbenv PATH 
if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi
export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

現時点の安定版2.6.0をインストールしてデフォルトに設定。

# インストール可能なversion確認
$ rbenv install -l

# 安定版をインストール
$ rbenv install 2.6.0

# デフォルト利用のrubyを2.6.0に設定
$ rbenv rehash
$ rbenv global 2.6.0
$ rbenv versions
  system
* 2.6.0 (set by /Users/[USER-NAME]/.rbenv/version)

rails インストールまで

$ gem install bundler
$ gem install rails
$ rails -v
Rails 5.2.2

# 後のキャッチアップで利用するライブラリ
$ gem install sqlite3

キャッチアップメモ

Rubyもはじめてだったので、dot-installの以下2講座の全レッスンを心を無にして写経。

有料会員に課金して倍速で動画聞く効率化作戦も考えたが、普通の再生速度でも適宜、動画止めたりしないとついていけなかったので、無課金で十分という感想。
(女性の説明に切り替えらてテンション高める目的なら課金するのもいいかも。)

やってみた感想

参考記事、ドットインストールのおかげで約半日くらいRailsの概況は掴めたつもり。
あとは実践を積みながら、なんとかやる予定。
2019年はRailsと仲良くなってたくさん開発するぞい!

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away