Windows
Linux
WSL

WSLで, macっぽいいい感じフォントとカラースキーマにする

WSLってすごい便利ですね.

でも, まあ完璧なものはこの世にありませんよね.

嫌な部分があります.

一番イヤなのは, デフォルトのカラーとフォント....

uncool.png

いやー, 見にくいし, なんかコード書く気が失せる...

いろいろ調べると, カラーやフォントを変える方法がたくさんあります.

めんどくさがり屋だったので, コマンド一つで変えられないかなーと調べていると,

https://blogs.msdn.microsoft.com/commandline/2017/08/11/introducing-the-windows-console-colortool/

という簡単なツールを見つけました.

使い方は, ここで, ダウンロードします.

colortool.zipのほうです.

WSL上ではなく, Windows上で, ダウンロードしたフォルダ上で, コマンドプロンプトを開いて,

colortool.exe -d [colorscheme] を叩くと, 次開いたプロンプトは, そのスキーマになります.

colorschemeは,

  • OneHalfDark
  • OneHalfLight
  • campbell-legacy
  • campbell
  • cmd-legacy
  • deuteranopia
  • solarized_dark
  • solarized_light

の中から選べるので, いろいろ試して見て自分の好きなものを試しましょう.

次にフォント.

Ubuntu monoというまあいい感じのフォントがあります.

ここで, フォントをダウンロードして,

\Windows\Fonts配下に, 拡張子.ttfのやつをぶち込みます.

そうすると, WSLのコンソールの, 左上のアイコンを右クリックして, propertiesを選ぶと,

Fontを選べるので, Ubuntu monoを選択しましょう.

すると, こんないい感じになります.

cool.png