Vim
Linux
Ubuntu
ctags
vimscript

まだexuberant-ctags使ってるやつちょっと来い(自戒) universal-ctagsのインストール方法

前回の記事vimに, ctagsを導入して, タグジャンプを華麗に(かろうじて)使えるようにした話で, exuberant-ctagsをインストールしていました.

しかし, これがいけない!

もうずっと前に更新が途絶え, メンテナンスがされていませんでした.

なので, 今回は, これの代わりでいまもメンテナンスがされているuniversal-ctagsのインストールする方法を書きます.

使い方は, 自分が使ってみてから, また記事にしようと思います.

とりあえず環境から,

OS

OS: Windows 10

Windows Subsystem for Linux (WSL)で, Ubuntu 16.04を動かしています.

vimのバージョン

VIM - Vi IMproved 7.4 (2013 Aug 10, compiled Nov 24 2016 16:44:48)
Included patches: 1-1689
Extra patches: 8.0.0056

インストールの方法

インストール方法ですが, aptではインストールできないみたいです.

universal-ctagsのgitHubのdocのautotools.rstに, インストールの方法が, かいてあるので, これのとおりやります.

この記事は, Linux用なので, windowsやmacの場合は, 違う方法がdocumentationに書いてあるので, 読んでやってみましょう.

exuberant-ctagsをすでに, インストールしている場合は, 消して問題ないと思います.

消さなくても, 上書きしてくれるのか?

自分の場合は, わからないので, 一応削除しておきました.

$ sudo apt remove exuberant-ctags
$ git clone https://github.com/universal-ctags/ctags.git
$ cd ctags
$ ./autogen.sh
$ ./configure 
$ make
$ sudo make install

自分の環境では, ./autogen.shで,

+ type autoreconf
autoreconf is /usr/bin/autoreconf
+ type pkg-config
pkg-config: not found
+ exit 1

と出ました.

exit 1は, 失敗の印です.

ありがたいことに, pkg-config: not foundとエラーが丁寧に書かれているので, pkg-configをインストールしましょう.

$ sudo apt install pkg-config

もう一度, ./autogen.shを実行すると,

$ ./autogen.sh

だらだら出力が出て, 最後にexit 0が出ます.

0であれば成功です.

あとは, たどっていけば, そのまま行くと思います.

かなり出力が多いですが, もしエラーが出ても丁寧にエラーメッセージが出力されると思うので大丈夫かと思います.

最後に確認として, ctags --versionを叩いて, Universal-ctagsが表示されているか確認しましょう.

$ ctags --version
Universal Ctags 0.0.0(00be957), Copyright (C) 2015 Universal Ctags Team
Universal Ctags is derived from Exuberant Ctags.
Exuberant Ctags 5.8, Copyright (C) 1996-2009 Darren Hiebert
  Compiled: Jul  8 2018, 23:44:35
  URL: https://ctags.io/ 
  Optional compiled features: +wildcards, +regex, +iconv, +option-directory

基本的な使い方は, 前回の記事vimに, ctagsを導入して, タグジャンプを華麗に(かろうじて)使えるようにした話に説明が書いてあります.