IoT
KinomaCreate

Kinoma Create: PWM を前面ピンで使う

More than 3 years have passed since last update.

前回は PWM を使ってみましたが、前面ピンで使えないのが残念でした。

今日ここをのぞいていたら、こんなことがかいてありました!

http://kinoma.com/develop/create/pins/


英語引用

The majority of the back pins are fixed function, with 8 of the back pins mirroring the pin configuration on the Front-Left pins.



勝手に日本語訳

背面ピンの大半は機能が固定されておりますが、8つのピンに関しては左側前面ピンの設定を反映します。


なにー!

前面ピン

front-pinmap.png

背面ピン

back-pinmap.png

確かに、Front-LeftX とかいてある。

すなわち、

Front-Left1(Pin51) = Pin38

Front-Left2(Pin52) = Pin37

Front-Left3(Pin53) = Pin40

Front-Left4(Pin54) = Pin39

... なわけである。

とすると、背面ピンの PWM をピンでつないでやれば、PWM を前面ピンで使えるのでは???

というわけで、ジャンプワイヤで以下のように PWM ピンをつなぐ。

Front-Left2: Pin28 <-> Pin37

Front-Left3: Pin34 <-> Pin40

Front-Left4: Pin30 <-> Pin39

kobito.1423579327.698949.png

前面ピンの設定を以下のようにしてやって、

kobito.1423577239.097318.png

前面ピンを下の写真のようにつないでやるとできました。同様にして、UART通信も多分前面ピンからおそらく使えることでしょう。

kobito.1423579795.093018.png

でも、本当にこんなことしていいのかはわからないので、 良い子はマネをしないように!

少なくとも、ピン設定で今回PWMをつないだところに Disconnected 以外のものを割り当てると壊れてしまうかもしれませんので。つないでたこと忘れちゃうかもしれないしね。