Instruments

  • 1
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

What Instrumets?

  • プロファイラ
  • CPU、 メモリ、バッテリーの使用量やネットワーク通信等が可視化されチェックできる。

基本的な操作、見方

  1. 起動
  2. Profile選択
  3. 録画開始(command + R)
  4. 異常を探す
  5. 録画停止(command + R)
  6. 異常と思われる箇所をチェック

画面の見方


https://developer.apple.com/library/watchos/documentation/DeveloperTools/Conceptual/InstrumentsUserGuide/NavigatingInstruments.html#//apple_ref/doc/uid/TP40004652-CH8-SW1

起動

  • XCode > OpenDeveloper Tool > Instruments
  • Product > Profile
  • command + I (Project内で)

Profile選択

用途(CPU,memory,network...)に合わせて選択
各Profileについては後ほど

異常を探す

TImeline pane, Detail paneから異常なグラフの推移等からいつ不具合が起きているかを推測

チェック

Detail pane からいつ何が起きているかを見ることができる。
Extended Detail ではオブジェクトの生成や呼び出し場所を確認できます。

その他操作

複数のProfileを同時に使う

画面右上の「+」を押すとライブラリが表示され、そこから起動したいものを選択することで複数のProfileを同時に使えます。

Timeline pane Fit

実行時間に応じてTimeline paneの範囲を整頓してくれます。
View > Snap Track To Fit
command + control + z

範囲指定

Timeline paneでドラッグ&ドロップで範囲指定できます。
これで怪しいところだけDetail paneに表示させましょう。

ツリーの一括展開

Cell tree の 「 ▶︎ 」を option + click で一括展開
※ ツリーの根で使うと重くて固まることが多い

Profile Template

  • Activity Monitor (OS X, iOS)
    • 全体的なProcessの監視
    • CPUの利用率、メモリ量等がわかる
  • Allocation (OS X, iOS)
    • メモリの割り当てを監視
  • Automation (iOS)
  • Cocoa Layout(OS X)
  • Core Animation(iOS)
  • Core Data(OS X)
  • Counters(OS X)
  • Energy Diagnostics(iOS)
  • File Activity(OS X)
  • GPU Driver(OS X, iOS)
  • Leaks(OS X, iOS)
  • Metal System Trace(iOS)
  • Network(iOS)
  • OpenGL ES Analysis(OS X, iOS)
  • System Trace(OS X, iOS)
  • System usage(iOS)
  • Time Profiler(OS X, iOS)
  • Zombies(OS X, iOS)

setting profile template

  • Product > Scheme > Edit Scheme
  • command + >

Others

Export csv

結果をCSVに変換できます。
instruments > Export Track for ~