Help us understand the problem. What is going on with this article?

Windows環境にGVimをインストールして色々カスタマイズした際の作業メモ

More than 3 years have passed since last update.

※随時反映中です。

Windows環境にGVimをインストールして色々カスタマイズしています。
他の人の役に立つかどうかわかりませんが、作業メモとして残しておきます。

やってみようと思った経緯

  • 普段はNetBeansや秀丸をメインで使用
  • Vimはサーバ上の設定ファイルをいじるときにたまに使う程度
  • 一応基本的な操作方法は理解している
  • Vimmerへの強い憧れ(Vimの記事を見るとついはてブしてしまう)

環境

  • Windows7
  • Vim7.4

まずVimとGVimの相違点について知る

違いをよく知らなかったので。こちらで。
http://vim-jp.org/vim-users-jp/2010/06/05/Hack-152.html

上記を読んでGVimを使うことにした。

GVimのダウンロード&インストール

ダウンロードはここから。
http://www.kaoriya.net/software/vim/

64bit版を選択。
ダウンロードしたzipファイルを解凍して適当なところに配置するだけでOK。

NeoBundleのインストール

Gitはインストール済みの前提。

mkdir %userprofile%\.vim\bundle
cd %userprofile%\.vim\bundle
git clone git://github.com/Shougo/neobundle.vim

参考
http://d.hatena.ne.jp/xyk/20130930/1380507307

gvimrcの設定

GitHubを参照。
https://github.com/knt45/dotfiles/blob/master/.gvimrc

カラースキーマについて

とりあえずデフォルトのカラースキーマからよさげなものを選ぶ。
ここを見て決めた。
http://nanasi.jp/colorscheme/default_install.html

vimrcの設定

GitHubを参照。
https://github.com/knt45/dotfiles/blob/master/.vimrc

NeoBundleについて

NeoBundleの設定は以下を参考に。
https://github.com/Shougo/neobundle.vim

NeoBundleCheckを書いておけば、起動時に未インストールのbundleがないかどうかをチェックして、あればインストールを促すプロンプトを表示してくれる。便利。

NeoBundleの使い方

どのコマンドも:Neoまで打ってTabキーを打つと候補を表示してくれる。

以下のコマンドでインストールしたBundleの一覧が表示できる。

:NeoBundleList

一度インストールしたけど削除したくなった場合はvimrcから対象行を削除(あるいはコメントアウト)したうえで以下のコマンドを実行でOK。

:NeoBundleClean

caw.vimの使い方

  • gccでコメントアウトの切り替え

VimFilerの使い方

  • tで一階層分のディレクトリを展開、Tで全階層のディレクトリを展開

作業途中で覚えた便利なコマンド

ホームディレクトリのファイルを編集する

:e $HOME/...

全ての行を削除

:%d

読み込まれた設定ファイルを表示

:scriptnames

vimrcの再読み込み

:source $HOME/_vimrc

コマンドモードのヒストリ表示

qを押したあと、:を押す

現在開いているファイルをリロード

:e!

カレントバッファを閉じる

:bdelete

全行を選択する

ggVG

ウィンドウの移動

Ctrl+Wを押した後、hで左、lで右、jで上、kで下へ移動できる
ただ、Ctrl+Wを二回続けて押せば次のウィンドウに移動できるので、普段はこれだけでほとんど困らない

空行へジャンプ

  • {キーを押せばカーソル位置から一番近い前の空行にジャンプ
  • }キーを押せばカーソル位置から一番近い次の空行にジャンプ
knt45
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした