Edited at

Windows環境にGVimをインストールして色々カスタマイズした際の作業メモ

More than 3 years have passed since last update.

※随時反映中です。

Windows環境にGVimをインストールして色々カスタマイズしています。

他の人の役に立つかどうかわかりませんが、作業メモとして残しておきます。


やってみようと思った経緯


  • 普段はNetBeansや秀丸をメインで使用

  • Vimはサーバ上の設定ファイルをいじるときにたまに使う程度

  • 一応基本的な操作方法は理解している

  • Vimmerへの強い憧れ(Vimの記事を見るとついはてブしてしまう)


環境


  • Windows7

  • Vim7.4


まずVimとGVimの相違点について知る

違いをよく知らなかったので。こちらで。

http://vim-jp.org/vim-users-jp/2010/06/05/Hack-152.html

上記を読んでGVimを使うことにした。


GVimのダウンロード&インストール

ダウンロードはここから。

http://www.kaoriya.net/software/vim/

64bit版を選択。

ダウンロードしたzipファイルを解凍して適当なところに配置するだけでOK。


NeoBundleのインストール

Gitはインストール済みの前提。

mkdir %userprofile%\.vim\bundle

cd %userprofile%\.vim\bundle
git clone git://github.com/Shougo/neobundle.vim

参考

http://d.hatena.ne.jp/xyk/20130930/1380507307


gvimrcの設定

GitHubを参照。

https://github.com/knt45/dotfiles/blob/master/.gvimrc


カラースキーマについて

とりあえずデフォルトのカラースキーマからよさげなものを選ぶ。

ここを見て決めた。

http://nanasi.jp/colorscheme/default_install.html


vimrcの設定

GitHubを参照。

https://github.com/knt45/dotfiles/blob/master/.vimrc


NeoBundleについて

NeoBundleの設定は以下を参考に。

https://github.com/Shougo/neobundle.vim

NeoBundleCheckを書いておけば、起動時に未インストールのbundleがないかどうかをチェックして、あればインストールを促すプロンプトを表示してくれる。便利。


NeoBundleの使い方

どのコマンドも:Neoまで打ってTabキーを打つと候補を表示してくれる。

以下のコマンドでインストールしたBundleの一覧が表示できる。

:NeoBundleList

一度インストールしたけど削除したくなった場合はvimrcから対象行を削除(あるいはコメントアウト)したうえで以下のコマンドを実行でOK。

:NeoBundleClean


caw.vimの使い方


  • gccでコメントアウトの切り替え


VimFilerの使い方


  • tで一階層分のディレクトリを展開、Tで全階層のディレクトリを展開


作業途中で覚えた便利なコマンド


ホームディレクトリのファイルを編集する

:e $HOME/...


全ての行を削除

:%d


読み込まれた設定ファイルを表示

:scriptnames


vimrcの再読み込み

:source $HOME/_vimrc


コマンドモードのヒストリ表示

qを押したあと、:を押す


現在開いているファイルをリロード

:e!


カレントバッファを閉じる

:bdelete


全行を選択する

ggVG


ウィンドウの移動

Ctrl+Wを押した後、hで左、lで右、jで上、kで下へ移動できる

ただ、Ctrl+Wを二回続けて押せば次のウィンドウに移動できるので、普段はこれだけでほとんど困らない


空行へジャンプ


  • {キーを押せばカーソル位置から一番近い前の空行にジャンプ

  • }キーを押せばカーソル位置から一番近い次の空行にジャンプ