Help us understand the problem. What is going on with this article?

Reduxの3原則の理由がわからない

More than 3 years have passed since last update.

これは、ノウハウやTIPSではなく疑問のメモです。すみません。

Reduxには、Reduxの3原則というものがあるということを知りました。

https://github.com/reactjs/redux/blob/master/docs/introduction/ThreePrinciples.md

読んでみたのですが、その3原則がなぜあるのかが理解できません。

3原則の説明には、ざっくり以下の内容が書かれてます。

Three Principles

Single source of truth

  • サーバから渡されたstateを特別な実装無しでシリアライズできる。
  • stateをprintできるのでデバッグにも便利。

State is read-only

  • actionを投げることでしかstateを変えられないって書いてる。
  • (それはstateがread-onlyであるべき理由じゃないよね。)

Changes are made with pure functions

  • 部分的なreducersに分割することができるって書いてる。
  • (それは、reducer が pure function であるべき理由じゃないよね。)

「なぜその3原則があるのか?」が書かれてない

「これらの原則があることで良いアプリケーションを書ける理由がこれこれだから、これらの原則があるんだ」、という内容を期待してたんですが、それが書かれてない。

唯一 Single source of truth の原則だけが理由が書かれてるんですが、これについても(少なくともここに書いてある理由だけだと) え、そんだけの理由? という感じです。

ネットで調べても、これらの原則がある理由は見つけられませんでした。

だれか知ってたら教えてください...

kmdsbng
京都で働いてるプログラマです
http://twitter.com/kmdsbng
mmj
ウェブシステム開発やサービスを運営している京都の会社です。Kotlin, TypeScript, Reactを中心とした開発体制への移行をしています。 その前はRuby on Rails を中心に開発をしていました。
https://www.mmj.ne.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away