BusPirate

BusPirateの使い方 - その1

Bus Pirateって何?

Bus PirateはIan Lesnet氏によって開発された、ハードウェア解析用の冶具です。

http://dangerousprototypes.com/docs/Bus_Pirate

日本では以下の店舗で、4000円前後で入手可能です。

千石電商:https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-4WJY
SwitchScience:https://www.switch-science.com/catalog/2674/

Bus Pirateでできること

電子回路上でやり取りされる信号のうち、汎用的なものが解析可能です。

1-wire, I$^2$C, SPI, UART, JTAG

これらが、Python Scriptableで制御することができます。
Pythonの基本的なコードは開発者から提供されています。
例えば、SPIのインターフェースを持つFlashからデータをdumpするとかが、Pythonで組めます。

https://github.com/DangerousPrototypes/Bus_Pirate/tree/master/scripts/pyBusPirateLite

主な用途

組込み機器の開発ツールとして
組込み機器のリバースエンジニアリングツールとして
その他いろいろ

次回以降は具体的な使い方について触れて行きます。