Edited at

#CNDT2019 / #OSDT2019 始めよう! 補足資料


はじめに

Cloud Native FUKUOKA #02のセッション「[CNDT/OSDT2019 振り返り(仮)]」のための資料です。公式サイトのタイムテーブルと併せて見ることをオススメいたします。

タイムテーブルに沿った一覧につきましては、前記事をご参照ください


運用 / ノウハウ関連

Code
Title

1A1
Kubernetesクラスタの自動管理システムのつくりかた

1B2
Kubernetes拡張を利用した自作Autoscalerで実現するストレスフリーな運用の世界

1B5
メルペイのマイクロサービスの構築と運用

1C1
Argoによる機械学習実行基盤の構築・運用からみえてきたこと

1D2
CircleCI 2.0を支える2つのコンテナクラスター

1GL
kubernetesを運用したことで学んだアンチパターン


ストレージ関連

Code
Title

1B3
Cloud Native Storageが拓くDatabase on Kubernetesの世界

1C5
Prometheus setup with long term storage

1D5
失敗しない! Kubernetes向けストレージ選び5つのポイント

1G3
Operator でどう変わる?これからのデータベース運用


ネットワーク関連

Code
Title

2A3
Kubernetes CNI プラグイン結局どれを選べばいいのか


ログ関連

Code
Title

2B5
Kubernetes Logging入門

2H4
Kubernetesにauditログを求めるのは間違っているだろうか


実践関連

Code
Title

1E5
k3sで作る!軽量k8sエッジコンピューティング環境

2FL
100行のコードでDockerの基本を実現せよ!


Kubernetesの仕組み関連

Code
Title

2F3
歴史から紐解くLinuxカーネルのコンテナ機能

2GL
そのコンテナ、もっと「賢く」置けますよ?


開発者向け関連

Code
Title

1D3
Cloud Nativeに立ち向かうJVMユーザー必見。KubernetesでJava/JVMアプリを動かすための実践的ノウハウ集

1E2
オイラ大地のECサイトのマイクロサービス化をVA Linuxが性能分析してみた

1G4
Actor model meets the Kubernetes

2HL
Deep Environment Parity


アーキテクチャ関連

Code
Title

1B2
adtech studioにおけるCRD〜抽象化したGPUaaSによる段階移行計画 & AKE Ingress v2〜

1E4
ヤフーのクラウドネイティブへの取り組みとそれを支えるシステム開発

1FL
Re-architecturing of Microservices

1F3
PTLのお仕事とOpenStackリリースパイプラインの裏側

1GL
コンテナ化に向けたクラウドベンダー比較選定のイロハ

1HL
Kubernetes クラスタのポータビリティを保つための8原則

1H4
Mackerelチームのコンテナエージェント開発における戦略とこれから

2A4
ZOZOTOWNのCloud Native Journey 〜トール・マカベッチのアンサーソング付き〜

2A5
マイクロサービス運用における最高のDXを目指して

2B4
Microservices を支える Infrastructure as Software

2C3
クラウドネイティブを創る技術

2G1
いつもニコニコあなたの隣に這い寄るカオスエンジニアリング!


企業 / 特定プロダクト関連

Code
Title

1AL
Datadogで実現するこれからのコンテナ監視

1C2
エンタープライズが求めるサービスメッシュとは?

1E3
Knativeで実現するKubernetes上のサーバーレスアーキテクチャ

1H2
k8s上のアプリケーション向け Secure Service MeshをA10でつくる

2C1
A deep dive into service mesh and Istio

2D3
Understanding Envoy

2D4
サーバレス・ネイティブ が お伝えする、フルサーバレス開発の魅力

2H1
Spinnakerで実現する、クラウド開発者のためのデプロイパターン入門


OpenStack関連

Code
Title

1A4
LINEにおけるOpenStackの運用とUpstreamへの取り組み

1D1
OpenStack コミュニティの現在と今後

1F1
Bifrost standalone Ironic を使ったGPU基盤構築運用への適用について

1F2
OpenStackオンプレクラウド開発に必要だったこと -アジャイル開発とインフラ-

1F3
PTLのお仕事とOpenStackリリースパイプラインの裏側

1F3
OpenStackアップストリーム活動実践(中級)

1F5
Zuul と OpenStack で作る気の利いた CI 環境

1G5
Ansibleから学ぶOpenStack Python SDK活用法

1H1
TripleO Deep Dive

1H3
TungstenFabricでk8sとOpenStackのラクラクNW統合

1H5
HCIとOpenStackを用いたプライベートクラウド基盤

2E5
OpenStackにおけるプリエンプティブインスタンス

2G3
OpenStack上の環境構築自動化に向けたTerraform/Pulumiの活用

2G4
Challenging Secure Introduction with SPIFFE

2H3
Cluster APIで簡単Kubernetes on OpenStack

2H5
OpenStackとIngress Controllerで作るContainer Nativeロードバランシング


あとづけ


改訂履歴

2019/8/8 15:00 初版