Help us understand the problem. What is going on with this article?

マネジメントコンソールにログインせずに起動済みのEC2インスタンスへSSHログインしたい

実現したいこと

パブリックIPを確認する目的のためだけにAWSポータルにログインせずに
起動済みのEC2インスタンスへSSHログインできるようにしたい

結論

以下を実行すればよい

aws ec2 describe-instances  | jq .Reservations[].Instances[].NetworkInterfaces[].PrivateIpAddresses[]."Association"."PublicDnsName" | grep -v null | xargs -n1 -p ssh -l ec2-user

出力例

ssh -l ec2-user ec2-3-17-176-20.us-east-2.compute.amazonaws.com

※xargsコマンドの-pオプションを外せばそのままSSHを実行できるが、出力結果をコピペするのが私の好みのため。

前提条件

EC2インスタンス側

  • オハイオリージョン(どこでもやり方はあるだろうが私はオハイオリージョンで実行した。)
  • Amazon Linux 2 AMI (HVM), SSD Volume Type
  • ec2-userで鍵認証でSSHできること(意図しない限りできるはず)
  • インスタンスが1台のみ起動していること→インスタンスの起動方法は以下の通り
aws ec2 start-instances --instance-ids <インスタンスID>

クライアント側

  • macOS
  • aws コマンドがインストールされており認証済みであること
  • ~/.ssh/に秘密鍵がid_rsaで配置済みであること
  • jq コマンドがインストールされていること→私の端末には最初はインストールされていなかったのでhomebrewでインストールした。
brew install jq

背景

  • 開発環境用にEC2を利用している
  • コスト削減のため作業完了時にOSはpoweroffしている
  • 以前からインスタンスの起動のみawscliで行っていたが、接続先DNS名を調べるためにマネジメントコンソールにログインしていた。
  • マネジメントコンソールへのログインにはMFAによる二段階認証が必要としている。そのため毎度毎度認証するのが煩わしい
  • ElasticIPの利用は行わない。インスタンス停止時に課金されるのが怖いので。

課題

  • 今後EC2インスタンスを2台以上同時稼働する用途が出てきた場合、どっちが目的のインスタンスなのか接続するまでわからない
ssh -l ec2-user ec2-3-17-176-20.us-east-2.compute.amazonaws.com?...
ssh -l ec2-user ec2-3-135-205-114.us-east-2.compute.amazonaws.com?...

→どっちに接続すればよいのか...

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした