Edited at
PHPDay 16

php-activerecordのすすめ


はじめに

私が所属しているチームではPHP環境とRuby on Railsが並行で運用されています。その中でPHP環境はが統一されたWebフレームワークを使用しておらず、データベース接続のクエリビルダーも自作されていて、書き方が冗長だったり、気をつけないとSQLインジェクションの危険がでるようなものであったので、何かいいクエリビルダーはないかと探していました。他のチームではpixieを導入していたりしていましたが、なにかもっと書いてて楽しくなるようなものはないか、RailsもやっているしActiveRecordライクに書けるものがないか探りました。

そこで見つけたのがphp-activerecordです。使っていてよくできてるなと感じましたので使い方を紹介しようと思います。


お詫び

この記事は12/1に自分のブログで公開した内容と同じものです。(時間がなく深掘りできず反省しています)


インストール

$ composer require php-activerecord/php-activerecord

PHP 5.3以上で、PDOでクエリ実行はPrepared Statementを使用しています。


接続設定

<?php

ActiveRecord\Config::initialize(function($cfg)
{
$cfg->set_model_directory('/path/to/your/model_directory');
$cfg->set_connections(
[
'development' => 'mysql://username:password@localhost/development_database_name',
'test' => 'mysql://username:password@localhost/test_database_name',
'production' => 'mysql://username:password@localhost/production_database_name'
]
);
$cfg->set_default_connection('production');
});



  • set_model_directory()でmodelのファイル群をおいているディレクトリを指定すると自動でrequire_onceしてくれます(source)


  • set_connections()で環境ごとの接続設定をURLのようなフォーマットで指定します。MySQL、SQLite、PostgreSQL、Oracleデータベースに対応しています。(source)


  • set_default_connection()で環境を指定します。指定しない場合はdevelopmentです。(source)


Modelの作成

下のようなpeopleテーブルがあったとします。

create table people(

id integer not null primary key autoincrement,
name text,
created_at datetime,
updated_at datetime
);

こんなmodelをかけば準備完了です。model名は単数形(Person)で、テーブル名は複数形(people)になっているところはRailsのActiveRecordと同じで、そのルールに乗れない場合はstatic $table_name = 't_people';のようにテーブル名をmodelの中でかけばOKです。

<?php

class Person extends ActiveRecord\Model
{
}

ちなみにphp-activerecordで複数形<->単数形の変換はどうやってるのか調べたところ、ActiveSupportのinflectionsのアルゴリズムを参考に、ライブラリ内で実装を書いていました。(source)


CRUD


Create

<?php

Person::create(['name' => 'kimromi1']);

$p = new Person();
$p->name = 'kimromi2';
$p->save();

created_atupdate_atカラムがあれば自動で日時を挿入します。(source)


Read

<?php

Person::all();
Person::all(['conditions' => ['name like ?', 'kimromi%']]); // where
Person::count();
Person::first();
Person::last();
Person::find(1); // find by id
Person::find_by_name('kimromi2'); // find_by_[カラム名]のメソッドで検索できる
Person::find_by_sql('select * from people'); // raw SQL

Person::all(['limit' => 10, 'offset' => 5)])
Person::all(['order' => 'name desc'])
Person::all(['group' => 'name', 'having' => 'length(name) > 7'])


Update

<?php

$p = Person::first();
$p->name = 'kimromi3';
$p->save();

$p->update_attributes([
'name' => 'kimromi4'
]);

update_atカラムも更新します。


Delete

<?php

$p = Person::first();
$p->delete(); // 1件

Person::delete_all(); // 全件
Person::delete_all(['conditions' => ['name = ?', 'kimromi4']]); // 条件指定

見覚えのある感じですね。


Query Log

log()という名前のメソッドを持っているクラスをセットしておくとCRUDのたびにクエリログを吐いてくれます。

<?php

class Logger
{
public function log($a) {
var_dump($a);
}
}

<?php

ActiveRecord\Config::initialize(function($cfg)
{
$cfg->set_model_directory('/path/to/your/model_directory');
$cfg->set_connections(['development' => 'mysql://username:password@localhost/development_database_name']);

$cfg->set_logging(true);
$cfg->set_logger(new Logger());
});


Associations

Railsと同じhas_manyhas_onebelongs_toの関連をもつ機能があります。

<?php

class Person extends ActiveRecord\Model
{
static $has_many = [
['domains'],
];
}

class Domain extends ActiveRecord\Model
{
static $belongs_to = [
['person'],
];
}

<?php

$p = Person::first();
$p->domains; // DomainインスタンスのArrayで返る

$d = $p->create_domain(['sld' => 'kimromi', 'tld' => 'com']);
$d->person;


Validations

modelのバリデーションもあります。

<?php

class Person extends ActiveRecord\Model
{
static $validates_presence_of = [
['name']
];
}



  • validates_presence_of : null or 空文字以外


  • validates_size_of / validates_length_of : 長さ


  • validates_inclusion_of / validates_exclusion_of : 指定した配列に含まれるか/含まれないか


  • validates_format_of : 指定した正規表現に当てはまるか(preg_matchで検証)


  • validates_numericality_of : 数値かどうか


  • validates_uniqueness_of : 一意であるかどうか


  • validate() : カスタムメソッドで検証


Callbacks

before_after_のcallbackも実装されています。



  • before_save : called before a model is saved


  • before_create : called before a NEW model is to be inserted into the database


  • before_update : called before an existing model has been saved


  • before_validation : called before running validators


  • before_validation_on_create : called before validation on a NEW model being inserted


  • before_validation_on_update : same as above except for an existing model being saved


  • before_destroy : called before a model has been deleted


  • after_save : called after a model is saved


  • after_create : called after a NEW model has been inserted into the database


  • after_update : called after an existing model has been saved


  • after_validation : called after running validators


  • after_validation_on_create : called after validation on a NEW model being inserted


  • after_validation_on_update : same as above except for an existing model being saved


  • after_destroy : called after a model has been deleted


その他


Cache

クエリ実行結果を一定時間(デフォルトは30sec)メモリにキャッシュすることができ、高速化を図れます。キャッシュのキーは[テーブル名]-[主キーの値]になっており、レコードごとにキャッシュしているようでした。(source)

<?php

ActiveRecord\Config::initialize(function($cfg)
{
$cfg->set_model_directory('/path/to/your/model_directory');
$cfg->set_connections(['development' => 'mysql://username:password@localhost/development_database_name']);

// Memcacheモジュールのみ対応...
$cfg->set_cache("memcache://localhost:11211", ["expire" => 60]);
});

class Person extends ActiveRecord\Model
{
// キャッシュするmodel内でフラグをON
static $cache = true;
}


Transaction

Model::transaction()に無名関数を渡せば、関数内の処理が始まるときにtransactionを張り、処理が正常に終了するとcommitします。処理の途中でExceptionがスローされるか、戻り値にfalseが返るとrollbackされます。(source)

<?php

Person::transaction(function()
{
$p = Person::create(['name' => 'kimromi']);
$p->create_domain(['sld' => 'kimromi', 'tld' => 'com']);

// throw new Exception("rollback!"); # rollback
// return false; # rollback
});


Aliased attributes

カラム名の別名をつけるalias_attributeも用意されています。(これが地味に一番助かる...)

<?php

class Person extends ActiveRecord\Model
{
// nameカラムをnick_nameで扱えるようになる
static $alias_attribute = [
'nick_name' => 'name',
]
}


Serialization

modelクラスをjsonやxmlにシリアライズできます。

<?php

$p = Person::create(['name' => 'kimromi']);

$p->to_json();
# => {"id":"1","name":"kimromi","created_at":"2017-11-30T17:22:01+0000","updated_at":"2017-11-30T17:22:01+0000"}

$p->to_array();
# =>
# {
# ["id"]=>
# string(1) "1"
# ["name"]=>
# string(8) "kimromi"
# ["created_at"]=>
# string(24) "2017-11-30T17:23:08+0000"
# ["updated_at"]=>
# string(24) "2017-11-30T17:23:08+0000"
# }

$p->to_csv();
# => 1,kimromi,2017-11-30T17:24:11+0000,2017-11-30T17:24:11+0000

$p->to_xml();
# =>
# <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
# <person>
# <id>1</id>
# <name>kimromi</name>
# <created_at>2017-11-30T17:24:37+0000</created_at>
# <updated_at>2017-11-30T17:24:37+0000</updated_at>
# </person>


ActiveRecordに比べてちょっと不便なところ

RailsのActiveRecordに比べて当然機能は落ちますが、その中でもちょっと不便に感じているところです。



  • has_manyで指定したテーブルを取得したときの値がArray型なため、2階層以上の関連テーブルを検索するのに苦労する(relationを使わずjoinでとらないといけない)

  • enumがないため、連番のカラムが管理しにくい

  • CacheがMemcacheモジュールしか対応してなく、Memcachedモジュールに対応していない

  • 開発があまり活発でなく枯れ気味

最近は目立った新規機能もあまりないため、Forkして独自で機能あげていこうかなと考えています。


まとめ

php-activerecordの使い方を紹介しました。最近はPHPのWebフレームワークも増えてきたし使う機会はあまり多くなさそうですが、日本語のドキュメントが少なかったのでまとめてみました。ライブラリとして思ったより機能も多く実装されていたので内部実装を追うのも勉強になりそうです。