技術士

技術士 二次試験 必須科目 情報工学部門 2017

技術士 二次試験 必須科目 情報工学部門 平成29年度
https://www.engineer.or.jp/c_topics/005/attached/attach_5172_1.pdf

1-1

正解: ④

SysMLモデルを用いてシステムエンジニアリングを進める方法は、MBSE (Model-Based Systems Engineering) と呼ばれます。

1-2

正解: ②

リアクティブシステムの実現には、リアルタイムOS(RTOS)は必須ではなく、汎用OSで実現できる場合があります。

1-3

正解: ④

1-4

正解: ①

複数の命令を並列に実行できる点が特徴です。

1-5

正解: ②

CHLACは、動作認識において用いられる方式です。

1-6

正解: ④

ソフトウェアの品質特性には、機能性(functionality) 、信頼性(reliability) 、使用性(usability) 、効率性(efficiency) 、保守性(maintainability) 、移植性(portability)の6つがあります。そして、操作性は、機能性ではなく、使用性の下位項目です。

1-7

正解: ①

② ブラックボックステストの1つである「同値分割 (equivalence partitioning)」の説明です。
③ ホワイトボックステストの1つである「ユースケーステスト (use case testing)」の説明です。

1-8

正解: ②

1-9

正解: ①

1-10

正解: ④

1-11

正解: ③

1-12

正解: ⑤

1-13

正解: ④

1-14

正解: ①

1-15

正解: ⑤

1-16

正解: ④

1-17

正解: ⑤

・サービスモデル
- SaaS (Software as a Service)
- PaaS (Platform as a Service)
- IaaS (Infrastructure as a Service)

・実装モデル
- プライベートクラウド (private cloud)
- コミュニティクラウド (community cloud)
- パブリッククラウド (Public cloud)
- ハイブリッドクラウド (Hybrid cloud)

① コミュニティクラウドは、4つの実装モデルの1つです。
② IaaSモデルでは、OSの管理や操作が、ユーザに委ねられています。
③ MaaSというモデルは、同資料には定義されていません。
④ 必ずしも「パブリッククラウド向けのアプリケーション」を開発する場合に限りません。

1-18

正解: ②

SOC: インシデントの検知に重点を置いている組織です。
CSIRT: インシデントの対応に重点を置いている組織です。

1-19

正解: ②

1-20

正解: ⑤