セキュリティ

ハッカーの良心 (The Conscience of a Hacker)

More than 1 year has passed since last update.

Written on January 8, 1986

1986年1月8日 執筆

Another one got caught today, it's all over the papers. "Teenager Arrested in Computer Crime Scandal", "Hacker Arrested after Bank Tampering"...
Damn kids. They're all alike.

今日もまた一人逮捕された。新聞の一面に載っている。「コンピュータ犯罪発覚、10代少年逮捕」「預金の改ざん、ハッカー逮捕」
クソガキめ。奴らはみんな同じだ。

But did you, in your three-piece psychology and 1950's technobrain, ever take a look behind the eyes of the hacker? Did you ever wonder what made him tick, what forces shaped him, what may have molded him?
I am a hacker, enter my world...
Mine is a world that begins with school... I'm smarter than most of the other kids, this crap they teach us bores me...
Damn underachiever. They're all alike.

だが、三流心理学と1950年代の技術脳のお前らは、今までハッカーの目の裏側を覗いたことはあるか。何が奴らを動かし、何が奴らをかたち作り、何が奴らを作り上げたのか、今まで考えたことがあるか。
私はハッカーだ。私の世界に足を踏み入れたまえ。
私の世界は、学校から始まった。他のガキよりも頭が良かったから、先生が教えるクソみたいなことは、私には退屈だった。
くそ劣等生め。奴らはみんな同じだ。

I'm in junior high or high school. I've listened to teachers explain for the fifteenth time how to reduce a fraction. I understand it. "No, Ms. Smith, I didn't show my work. I did it in my head..."
Damn kid. Probably copied it. They're all alike.

私が中学生か高校生だったころ、先生がある生徒に約分のやり方を15回も説明するのを聞いていた。
私にはわかっていた。「違うんです、スミス先生。僕は計算を書かないんです。頭の中でやっているので」
クソガキめ。さしずめ答えを写したのだろう。奴らはみんな同じだ。

I made a discovery today. I found a computer. Wait a second, this is cool. It does what I want it to. If it makes a mistake, it's because I screwed it up. Not because it doesn't like me...
Or feels threatened by me...
Or thinks I'm a smart ass...
Or doesn't like teaching and shouldn't be here...
Damn kid. All he does is play games. They're all alike.

今日、ある発見をした。コンピュータを見つけたのだ。ちょっと待てよ。こいつはかっこいいぞ。私がやってほしいことを何でもやってくれる。もしコンピュータが間違いを犯したら、それは私がそうさせたからであって、コンピュータが私を嫌っていたからではないし、
私に怯えていたからでもないし、
私が生意気だと思ったからでもないし、
教えることが嫌いだったり、そこにいるべきではなかったからでもない。
くそガキめ。奴らはゲームしかやらなかった。奴らはみんな同じだ。

And then it happened... a door opened to a world... rushing through the phone line like heroin through an addict's veins, an electronic pulse is sent out, a refuge from the day-to-day incompetencies is sought... a board is found.
"This is it... this is where I belong..."
I know everyone here... even if I've never met them, never talked to them, may never hear from them again... I know you all...
Damn kid. Tying up the phone line again. They're all alike...

それから、それは起こった。世界への扉が開いたのだ。まるでヘロインが中毒患者の静脈を駆け巡るみたいに、電話線を通って電子パルスが送られ、無能な日々からの隠れ家が見つかった。掲示板が見つかったのだ。
「ここだ。こここそが私の場所だ」
私はそこにいる全員を知っている。たとえ会ったことがなくても、話したことがなくても、二度と返事がなくても、みんなのことを知っている。
くそガキめ。また電話線を繋ぐ。奴らはみんな同じだ。

You bet your ass we're all alike... we've been spoon-fed baby food at school when we hungered for steak... the bits of meat that you did let slip through were pre-chewed and tasteless. We've been dominated by sadists, or ignored by the apathetic. The few that had something to teach found us willing pupils, but those few are like drops of water in the desert.

賭けてもいい。我々はみんな同じなのだ。学校ではステーキが食べたいのに、離乳食を与えられた。噛み砕かれて味のしなくなった肉の破片だった。
我々は、サディストたちに支配されてきたし、感情のない奴らに無視されてきた。数少ない聡明な人たちだけが、我々のことをやる気のある生徒だと思ってくれた。しかし、そういう人たちは、砂漠の中の一滴の水のようなものだった。

This is our world now... the world of the electron and the switch, the beauty of the baud. We make use of a service already existing without paying for what could be dirt-cheap if it wasn't run by profiteering gluttons, and you call us criminals. We explore... and you call us criminals. We seek after knowledge... and you call us criminals. We exist without skin color, without nationality, without religious bias... and you call us criminals.
You build atomic bombs, you wage wars, you murder, cheat, and lie to us and try to make us believe it's for our own good, yet we're the criminals.

これが今の私たちの世界だ。電子とスイッチの世界。ボーの美しさ。我々は、既に存在していたサービスを利用した。それは、不当利得を貪る奴らが運営していなかったら、ずっと安くなっていたはずだ。我々は、それに金を払わなかった。すると犯罪者と呼ばれた。
我々は、探究した。すると犯罪者と呼ばれた。知識を追求した。やはり犯罪者と呼ばれた。我々は、肌の色も、国籍も、宗教的な偏見もなく存在していた。それだけで、また犯罪者と呼ばれた。
原子爆弾を開発する。戦争を仕掛ける。人を殺す。人を騙す。嘘をついて、自分たちのためだと信じ込ませる。だが、そういう人たちではなく、我々が犯罪者にされるのだ。

Yes, I am a criminal. My crime is that of curiosity. My crime is that of judging people by what they say and think, not what they look like.
My crime is that of outsmarting you, something that you will never forgive me for.

そう、私は犯罪者だ。好奇心から犯罪を犯した。言葉と思考で人を判断することから犯罪を犯した。
人を出し抜くことで犯罪を犯した。それも絶対に許してもらえないくらいに。

I am a hacker, and this is my manifesto. You may stop this individual, but you can't stop us all... after all, we're all alike.

私はハッカーだ。そして、これが私のマニフェストだ。私だけなら止められるかもしれない。しかし、我々全員を止めることはできない。結局、我々はみんな同じなのだ。