Help us understand the problem. What is going on with this article?

StashとSlackの連携ツール「Slacker」

More than 3 years have passed since last update.

この記事では、実際のプラグインの挙動や詳しい説明はしません。
「こんなプラグインがあるんだ」というのを知ってもらうために書いています。

概要

Stashでの操作をSlackへ通知するプラグインを、個人で開発しています。
このプラグインを Slacker といいます。
Atlassian Marketplaceでも公開しています。 Link
BitbucketServer対応をしています。

機能

現在実装されている機能は、以下になります。

  • PullRequest作成時の通知
  • PullRequest更新時の通知
  • PullRequest元、先の更新時の通知
  • PullRequestを却下時の通知
  • PullRequestを再オープン時の通知
  • PullRequestにコメントされた時の通知 ※ UserMapJSONという設定が必須

ProjectにもRepositoryにも設定ができ、基本的にはProjectで設定するだけで通知されるようになります。
どうしても個別に設定したい場合は、Repositoryごとに設定してください。

今後

本業の方が日まではなくなってしまったので、余り対応しきれませんが、以下の機能を実装したプラグインを、春頃には公開する予定です。

  • 設定の複数登録(通知先を複数選べるようになる)
  • コメントを再帰的に辿り、そのアカウントへの通知
  • コメントからメンションを取り出し、そのアカウントへの通知

その他にも追加したい機能は、いくつかあります。

  • ビルドステータスの通知を起点にした通知
  • Slackでのカスタムコマンド対応(PullRequestの一覧取得など)

完全にクローズドソースで開発していますが、何か思うところがあればオープンソース化するかもしれません。
他にもSlackへ通知するプラグインがありますが、試しに使ってみたいという事でしたら是非気軽に使ってみてください。
何か要望がありましたら、Atlassian Marketplaceにある連絡先から連絡してもらうか、Twitterなどでご連絡ください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away