Help us understand the problem. What is going on with this article?

RAZER blade 15 にUbuntu18.04とCUDA10をインストールしてみた / Ubuntu18.04 and CUDA10 install on RAZER blade 15

動機

機械学習環境持ち歩きたい!!
Windowsは嫌だ!!
MacはCUDA使えない…
Dual Bootは美しくない!!

かろうじてもち歩けてGPUもそこそこパワフルなRAZERのblade 15インチにUbuntu入れれば最強じゃね?

と、言うことでやってみた。

bladeへのubuntuインストールは自己責任で行ってください。
良い子は真似しないほうが無難です

Ubuntu install on Blade

Boot usbを作る

適当にBoot USB作ります。

Etcherを使って作るのが簡単なので、おすすめです。

Ubuntuは18.04を使用します。

16.04だとトラックパッドやwifiのドライバーがインストールされないため、使用可能にするまでに時間がかかります。

Ubuntuをインストール

  1. F12キーを押しながら、Bladeを起動
  2. Bootデバイス選択画面で、Boot USBを選択
  3. 画面に沿ってUbuntuをインストール

Ubuntuの設定

Wifiが遅い

インストール直後は無線の通信速度がめちゃ遅いです。

どうやら、802.11nとIntelチップに問題があるようです。 参考URL

とりあえず、参考ページにそって以下のコマンドを叩くことで、wifiの速度が早くなりました。

$ sudo modprobe -r iwlwifi
$ sudo modprobe iwlwifi 11n_disable=1

#設定を永続化するために以下のコマンドも叩きます。
$ echo "options iwlwifi 11n_disable=1" | sudo tee /etc/modprobe.d/iwlwifi.conf

CUDA-10のインストール

CUDAのダウンロードページでCUDAをダウンロードします。

ダウンロードオプションは以下の通りです。

* Operating System : Linux
* Architecture : x86_64
* Distribution : Ubuntu
* Version : 18.04
* Install Type : deb(local)

ダウンロードが終わったら、以下のコマンドでインストールします。

$ sudo dpkg -i cuda-repo-ubuntu1804-10-0-local-10.0.130-410.48_1.0-1_amd64.deb
$ sudo apt-key add /var/cuda-repo-<version>/7fa2af80.pub
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install cuda

インストール中にMOK(machine owner key)の設定が求められます。

適当にPWを入れましょう。

bladeはMax-QのGPUを使用しているせいか、GPU Driverの切り替えにはUEFI Secure Bootして変更するみたいです。

よく知りません。

インストールが終了したら、再起動します。

再起動画面の途中で、UEFI Secure Bootメニューが出てきます。

enroll MOKを選択し、設定を書き換えます。

再起動が終了したら、下記のコマンドでGPU情報が出ればインストール終了です。

やったね!

keta-sts136
AIエンジニア&知財の人 ・高校を二回中退。高1で高認を所得し、大学で航空宇宙工学を学び、バイオマテリアルの研究者・ドローンの研究者を経て、AIの研究開発に従事している変な人。現在、無職でKaggle&atcoderで遊んでます。全力就活中なので気になった方声かけてください!
https://keita-f-sato.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away