Ubuntu 16.04 に GoLang 1.6 と Gin Web Framework をインストールし、HTMLテンプレートを読み込むまで

  • 15
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

はじめに

本稿は、表題通り Ubuntu 16.04 に GoLang 1.6 と Gin Web Framework をインストールし、HTMLテンプレートを読み込むコードを作成して、ブラウザで閲覧するまでの手順を整理した、ただのメモです。
特に変わったことはしていません。

アップデート

sudo apt-get update

Go をインストール

sudo apt-get install golang

Go のバージョンを確認

go version
go version go1.6.2 linux/amd64

Go の初期設定

GOPATH を設定

sudo mkdir -p ~/go; echo "export GOPATH=$HOME/go" >> ~/.bashrc

PATH を設定

echo "export PATH=$PATH:$HOME/go/bin:/usr/local/go/bin" >> ~/.bashrc

設定を反映

source ~/.bashrc

Go の環境を確認

go env
GOARCH="amd64"
GOBIN=""
GOEXE=""
GOHOSTARCH="amd64"
GOHOSTOS="linux"
GOOS="linux"
GOPATH="/home/vagrant/go"
GORACE=""
GOROOT="/usr/lib/go-1.6"
GOTOOLDIR="/usr/lib/go-1.6/pkg/tool/linux_amd64"
GO15VENDOREXPERIMENT="1"
CC="gcc"
GOGCCFLAGS="-fPIC -m64 -pthread -fmessage-length=0"
CXX="g++"
CGO_ENABLED="1"

権限設定

僕の場合は vagrant を使っているので、GOPATH に設定したフォルダの所有者を vagrant にしました。必要なければここは飛ばしてください。

chown vagrant.vagrant -R /home/vagrant/go

Git をインストール

sudo apt-get install git

Git のバージョン確認

git --version
git version 2.7.4

Gin をインストール

go get github.com/gin-gonic/gin

Go のコードを書いてみる

公式ページのコードそのまんまです。

https://github.com/gin-gonic/gin#html-rendering

フォルダ作成

var/www/go というフォルダを作り、この下に go のコードを作成することにします。

sudo mkdir -p /var/www/go
cd /var/www/go
sudo vim index.go
index.go
package main

import (
  "github.com/gin-gonic/gin"
  "net/http"
)

func main() {
    router := gin.Default()
    router.LoadHTMLGlob("templates/*")
    //router.LoadHTMLFiles("templates/template1.html", "templates/template2.html")
    router.GET("/index", func(c *gin.Context) {
        c.HTML(http.StatusOK, "index.tmpl", gin.H{
            "title": "Main website",
        })
    })
    router.Run(":8080")
}
sudo mkdir templates
sudo vim templates/index.tmpl
templates/index.tmpl
<html>
    <h1>
        {{ .title }}
    </h1>
</html>

実行

go run index.go

ブラウザで確認

ブラウザから
http://localhost:8080/index
にアクセス

002.png

以上です。