Posted at

【Tig全まとめ】Gitを自由自在に操るための必殺ツール

More than 3 years have passed since last update.


【Tig全まとめ】Gitを自由自在に操るための必殺ツール

インストール方法から参考リンクまで。

自分の勉強ついでに、Tigについて基本の

すべてをまとめてみました。


合わせて読みたい


Tigとは


定義


Tig is an ncurses-based text-mode interface for git. It functions mainly as a Git repository browser, but can also assist in staging changes for commit at chunk level and act as a pager for output from various Git commands.



要するに

tyabeさんのTig の表示方法あれこれより。


Tig は ncurses ベースの Git のためのテキストユーザインタフェースです。Gitリポジトリ内の変更内容を、Vimライクな操作で高速に閲覧することができます。



なぜTigか

参考元: gitの新人研修でtigを使うことをおすすめする理由


セットアップが簡単ですぐ使い始められる

起動も操作も簡単

gitの概念が容易に把握できるビューの構成

TUIツールなためリモート接続環境でもローカルでも同じように使えるポータビリティ

スタンドアロンであるため宗教戦争に巻き込まれない

必要十分なデフォルト設定に加えて高いカスタマイズ性も備える底の深さ



インストール

本家サイトはこちらです。’MacならHomebrewかMacPorstでインストールできるとのことです。

自分はHomebrew入れているので、以下のコマンドで一発で入りました。

$ brew install tig


使い方


カーソル・画面操作


  • j/k 一行上/下へ

  • ^D/^U 一画面上/下へ

  • Enter その行の git log を表示

  • ^N 次へ移動

  • ^P 前へ移動

  • Tab ペイン移動

  • q 現在の view を閉じる

  • ~ tig の終了

  • t リポジトリ上のファイルツリーを表示する


検索


  • / 開いてる view 内で検索

  • ? 反対方向に検索

  • n 検索語句が次にヒットする場所に移動

  • N 検索語句が以前にヒットする場所に移動


モードの切り替え


  • m main view 起動時の画面

  • d diff を表示

  • B blame を表示

  • H branch を表示

  • h ヘルプを表示

  • S status を表示


使用例

tigコマンドに引数を渡すことで、開き方を変えることができます。より詳しく勉強したい方には、The tig Manualが便利です。


1. すべてのブランチを表示

$ tig --all


2. リモートブランチの最新コミットを表示

$ tig origin/HEAD


3. 単一ファイルの変更箇所表示

$ tig -- README.md


4. コードのそれぞれの行を、誰が、いつコミットしたのかを表示

$ tig blame README.md


5. 2つのブランチ間の差を表示

$ tig test..master


参考図書


『実用Git』


『開発効率をUPする Git逆引き入門』


『Web制作者のためのGit入門 (Mynavi Advanced Library)』


参考記事

以下の記事を参考にさせていただきました。


Resources