Help us understand the problem. What is going on with this article?

JAWS DAYS 2015でドンジャラ初心者がAWSドンジャラをやったら、奇跡が起きた話

More than 5 years have passed since last update.

AWSドンジャラとは、
ADSJの片山さん(@c9katayama)が作ったCDPの普及のために作った
AWS麻雀牌でやるゲーム。※私の主観

3/22のJAWS DAYS 2015の会場に麻雀&ドンジャラコーナーが設置された。
ルールとかは以下参照。
http://jawsdays2015.jaws-ug.jp/aws_mahjong_donjara/


さて、麻雀は脱衣麻雀ゲーム(笑)ぐらいしかやったことがなく(しかも大分前・・・)、
ドンジャラもやったことあるかな~。ぐらいの初心者。
わからないので、どんな感じかなぁ~~~。眺めていたら、
片山さんに「ドンジャラやってみますか?」と誘われて、
たぶん人生初の麻雀卓に。

一緒にドンジャラをしたのは、同じく誘われた元ADSJの玉川(@KenTamagawa)さんとADSJの小林さん
業界の有名人を前に緊張しまくり、ギャラリーが増えさらに緊張しまくりでした。

1人でルールブックを占有し(本当にすみません)、いざ開始。
ただ、緊張しっぱなしかつ、この絵なんだ~。役(CDP)どれだ~。と思いながらやっていたので、記憶が曖昧。
しかも、ルールがわからず、牌の数間違えたり、
1ゲーム目:牌をオープンにして、あれこれ悩んだり、教えてもらったりしたら、BackNetパターンができて、勝った気がする。
※記憶が曖昧なので、間違っていたらごめんなさい。
2ゲーム目:牌を隠して、勝負。うまくパターンができなくて終わり。
3ゲーム目:またもやBackNetパターンができそうだと、集めて、リージョン牌が来るのを待って、上りに成功!
ここで驚愕の事実が・・・。BackNetパターンだけ見ていたら、ほかの牌でも役ができていました。奇跡です!

片山さんに3CDPの素晴らしいアーキテクチャとツィートして頂きました。



・・・正直、指摘されるまで全然気付きませんでした・・・。1つ揃えるのに精一杯だったので・・・。
あまりの驚きに以降動揺状態・・・。
4ゲーム目:役が揃わず、終了・・・。
ちなみに、動揺を引っ張り、牌の取る数間違えたり、本当にすみません。

やってみて、感想は、
すごく楽しかったです。
そして、勉強になりました。

最初はまずこのicon(絵)が何だっけ?から始まり、
持っている牌でどのCDP(役)で作れるか、
全然わからなかったのですが、
最後のほうには、これとこれを組み合わせればというのが、何となくわかるようになった気がします。
※正直なところはまだまだです。1組み合わせ作るのが精一杯です。

これは遊びながらCDPを学べる非常にいいツールだと思います。
もうちょっと勉強して、もう1回チャレンジできたらと思います。


片山さん、誘って頂いてありがとうございました!
この場をお借りして、お礼申し上げます。


最後に・・・初めて書くので、内容に問題がありましたら、ご連絡ください。

keni_w
ガンダムと銀河英雄伝説を養分に生きるアラフォーエンジニア。 なお、こちらへの掲載内容は私自身の見解であり、会社の立場、戦略、意見を代表するものではありません。
http://www.a-mon-seul-desir.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした