Edited at

【iOS8対応】iOSアプリケーションにAdMobを導入する

More than 5 years have passed since last update.

AdMobはGoogle社のモバイルアドネットワークです。

Androidだけではなく、iOSにも簡単にAdMobが導入できます。

今回は、バナー広告を導入してみます。


事前準備


AdMobへ登録

まず、AdMobのページへ行きAdMobに申し込むをクリックします。

admobトップ.png

AdMobへ申し込みページへ行くので、5つのステップを順に行ってください。

登録.png

ステップ5でのご利用開始をクリックすればAdMobに登録完了です。


アプリケーションの登録

AbMobの管理画面の収益化のタブをクリックして、新しいアプリを登録します。

アプリ新規登録.gif

登録が完了すると、広告ユニットIDが発行されたかと思います。

この広告ユニットIDは後ほど使います。


導入


Google Mobile Ads SDKの導入

CocoaPodsで簡単に入れることができます。

公式サイトからファイルをDLしてくる方法もありますが、バージョン管理や、ビルドセッティングなどを自分たちで行わないといけないため、オススメしません。


PodFile

platform :ios, "7.0"

inhibit_all_warnings!

pod 'Google-Mobile-Ads-SDK', '~> 6.12'


PodfileGoogle-Mobile-Ads-SDKのライブラリを指定します。

(2014/9/24現在、最新版は6.12)

CocoaPodsには、Google-AdMob-Ads-SDKという似たようなリポジトリが登録されていますが、これは既にメンテされていないため、使わないようにしましょう。

$ pod install

あとは、Podfileで指定したライブラリをインストールするだけです。


アプリケーションに組み込む

今回は、アプリケーションの下部にバナー用のViewを用意し、その部分に広告を表示させてみます。

srotyboard.png


ViewController.h

// SDK から GADBannerView をインポート

#import "GADBannerView.h"

@interface ViewController : UIViewController {
// バナーのviewをインスタンス変数として宣言する
GADBannerView *banner;
}
// storyboard/xibのバナーの領域を関連付けておく
@property (weak, nonatomic) IBOutlet UIView *bannerView;


ViewController.m

// バナーのビューを作成する

// 利用可能な広告サイズの定数値は GADAdSize.h で定義されている
banner = [[GADBannerView alloc] initWithAdSize:kGADAdSizeBanner];
banner.adUnitID = @"広告ユニットID";
banner.rootViewController = self;
[self.bannerView addSubview:banner];

[banner loadRequest:[GADRequest request]];


これでアプリケーションに広告が表示されるます。

現在作っているアプリに導入した結果が以下のようになります。

アプリ.png

これで導入完了です。

是非アプリで収益化を目指してみてください。