AngularJS
Firebase

Angularで使うFirebaseの認証系API一覧

AngularでFirebaseのAuthを使う機会があったので自分用にメモを

フォルダ構成などは割愛し、メソッドの整理だけ。

インポート→

import * as firebase from 'firebase';


Firebase JavaScript SDKを初期化


xxx.ts

var config = {

apiKey: "<API_KEY>",
authDomain: "<PROJECT_ID>.firebaseapp.com",
databaseURL: "https://<DATABASE_NAME>.firebaseio.com",
storageBucket: "<BUCKET>.appspot.com",
messagingSenderId: "<SENDER_ID>",
};
firebase.initializeApp(config);

configの内容はFirebaseコンソールの右上にあるに記載されてます


createUserWithEmailAndPassword

メールアドレスとパスワードでアカウントを作成するときに使用する

firebase.auth().createUserWithEmailAndPassword(email, password)


signInWithEmailAndPassword

メールアドレスとパスワードを使用してユーザーのログインの時に使用する

firebase.auth().signInWithEmailAndPassword(email, password)


signOut

ユーザーのログアウトを行う

firebase.auth().signOut()


sendSignInLinkToEmail

ユーザーのメールアドレスに認証リンクを送信


sample.ts

firebase.auth().sendSignInLinkToEmail(email, actionCodeSettings)

.then(function() {
window.localStorage.setItem('emailForSignIn', email);
})


Google等でログイン


ユーザーが初めてログインすると、新しいユーザー アカウントが作成され、ユーザーがログインに使用した認証情報(ユーザー名とパスワード、電話番号、または認証プロバイダ情報)にアカウントがリンクされる



GoogleAuthProvider

Google プロバイダ オブジェクトのインスタンスを作成

var provider = new firebase.auth.GoogleAuthProvider();

ほかのプロバイダは下記の通り

var provider = new firebase.auth.FacebookAuthProvider();

var provider = new firebase.auth.TwitterAuthProvider();
var provider = new firebase.auth.GithubAuthProvider();


signInWithPopup(provider)

ポップアップ ウィンドウでログインを行う

firebase.auth().signInWithPopup(provider)


signInWithRedirect(provider)

ログインページにリダイレクトしてログインを行う

firebase.auth().signInWithRedirect(provider);


currentUser.getIdToken

IDトークン(JWT)を取得する

→ firebase.auth().currentUser.getIdToken()