monaca

2018 年 8 月以降の Android アプリの申請について

2018 年 8 月以降、Google Play へアプリを新規に申請する場合は、対象アプリの ターゲット API レベル26(Android 8.0) 以上に設定する必要があります。

また、2018 年 11 月以降は、既存のアプリのアップデートを申請する場合も、対象アプリの ターゲット API レベル26(Android 8.0) 以上に設定する必要があります。

詳しくは、今後の Google Play でのアプリのセキュリティおよびパフォーマンスの改善について を参照してください。

Monaca で ターゲット API レベル 26 に対応する - その1

Monaca で開発するアプリに対して、ターゲット API レベル を 26 にする場合は、Cordova 7.1 用プロジェクトを使用する必要があります。

対象プロジェクトの Cordova のバージョンが、Cordova 7.1 より低い場合は、対象プロジェクトの

設定 -> Cordovaプラグインの管理 -> CLIバージョン

にある「 Cordova アップグレード 」用リンクから Cordova のバージョンをアップグレードすることができます。

Monaca で ターゲット API レベル 26 に対応する - その2

対象プロジェクトで使用している サードパーティー製 Cordova プラグイン等により、プロジェクトの Cordova バージョンをアップグレードすることが難しいケースもあります。

その場合は、対象プロジェクトの config.xmlandroid-targetSdkVersion 設定を行うことでも対応することができます。

config.xmlの設定例
<platform name="android">
  <preference name="android-targetSdkVersion" value="26" />
</platform>

注意点として、android-targetSdkVersion でターゲット API レベルを変更した場合は、ネイティブ部分の表示がこれまでと変わる可能性があります。

おわりに

今後、Google Play へアプリを申請する際に必要になるターゲット API レベルは、毎年更新されていきます。

アプリ申請に必要なターゲット API レベルが更新される前に、事前にプロジェクトで利用しているサードパーティー製 Cordova プラグイン等が対応しているかご確認ください。