Edited at

Droidkaigi 2019 資料一覧 1日目-随時更新中


Droidkaigi 2019

毎年恒例droid kaigiです。

https://droidkaigi.jp/2019/


セッションと資料の一覧

一日目のセッションと資料です。

資料については登壇者の方がTwitterなどでアップしてくれてるのを引っ張ってきているので、

まだ展開していない方もいらっしゃるのでそれはまた後日展開され次第更新しますm(_ _)m


10:20


マルチモジュールなプロジェクトでテストはどう変わる?

場所
HallA

スピーカー
Nozomi Takuma

資料
https://speakerdeck.com/tkmnzm/how-change-testing-in-modular-architecture


11:20


マルチモジュールプロジェクトでのDagger2を用いたDependency Injection

場所
HallA

スピーカー
kgmyshin

資料
https://speakerdeck.com/kgmyshin/android-multi-module-with-dagger


Optimize Builds with Android Plugin for Gradle 3.3.0+

場所
Hall B

スピーカー
Adarsh Fernando, Izabela Orlowska

資料


What is Navigation Architecture Component and Tips

場所
Room 1

スピーカー
kettsun0123

資料
-

諸事情によりキャンセルされました。


Unit test for ViewModel and LiveData

場所
Room 3

スピーカー
hkusu

資料
https://speakerdeck.com/hkusu/glide-4-with-kotlin


12:50


LiveData と Coroutines で実装する DDD の戦術的設計

サンプルコード:

|場所|Room 1|

|:--|:--|

|スピーカー|Yuki Anzai|

|資料|https://y-anz-m.blogspot.com/2019/02/droidkaigi-2019-livedata-coroutines-ddd.html|

|サンプルコード|https://github.com/yanzm/DroidKaigi2019|


EspressoのテストをAndroidの最新トレンドに対応させよう

場所
Room 2

スピーカー
外山純生 (sumio_tym)

資料
https://speakerdeck.com/sumio/make-espresso-testing-follow-the-cutting-edge-in-android-development

サンプルコード
https://github.com/sumio/android-sunflower-for-droidkaigi2019


マテリアルデザインの起源とベースとなる哲学

場所
Room 3

スピーカー
ken(@SataKentaro)

資料
https://speakerdeck.com/ken0331/materiarudezainfalseqi-yuan-tobesutonaruzhe-xue


アプリをさらに成長させるための技術戦略(振り返りとこれから)

場所
Room 4

スピーカー
shoheikawano(@shoheikawano)

資料
https://speakerdeck.com/shoheikawano/tech-strategy-for-boosting-app-growth


Codelabs: Android Fundamental Course

場所
Room 5

スピーカー
-

資料
-


Server-side Kotlin for Frontend: 複雑なAndroidアプリ開発に対するアプローチ

場所
Room 6

スピーカー
qsona

資料
https://speakerdeck.com/qsona/server-side-kotlin-for-frontend


Deep Dive to fido.fido2 Packages

場所
Room 7

スピーカー
ken5scal

資料
https://speakerdeck.com/ken5scal/deep-dive-to-com-dot-google-dot-android-dot-gms-dot-fido-dot-fido2


14:00


PWAでここまで出来る

場所
Room 1

スピーカー
SAMUKEI

資料
https://speakerdeck.com/samukei/pwadekokomadedekiru


ぼくのかんがえた最強のUsecaseの作り方~あるいはビジネスロジックとはなにかという1つの回答~

場所
Room 2

スピーカー
Keisuke Kiuchi@fei_kome

資料
https://speakerdeck.com/kiuchikeisuke/bokufalsekangaetazui-qiang-falseusecasefalsezuo-rifang-aruihabizinesurozitukutohananikatoiu1tufalsehui-da


Master of Android Theme

場所
Room 3

スピーカー
konifar

資料
https://speakerdeck.com/konifar/master-of-android-theme

サンプルコード
https://github.com/konifar/master-of-android-theme


つらいと評判のAndroid BLEを頑張って使い続けた話

場所
Room 4

スピーカー
Kenta Harada

資料
https://www.slideshare.net/KentaHarada/android-ble


FCMを使った用途に合わせたPush通知設計

場所
Room 6

スピーカー
Koji Okada

資料
https://speakerdeck.com/supersatosan/push-notification-architecture-design-according-to-the-use-case-using-fcm


Dexs, R8 & 3.2

場所
Room 7

スピーカー
Iñaki Villar

資料


14:50


Chrome Custom Tabsの仕組みから学ぶプロセス間通信

場所
Room 1

スピーカー
OHMAE Ryosuke

資料
https://www.slideshare.net/ryo_mm2d/droidkaigi-2019-chrome-custom-tabs


R8、Proguard徹底比較

場所
Room 2

スピーカー
Sato Shun

資料
https://speakerdeck.com/satoshun/proguard-che-di-bi-jiao


The good and bad of modern app architecture

場所
Room 3

スピーカー
Johannes

資料


いかにしてビットコインを扱うか

場所
Room 4

スピーカー
ゆいき (@yuikijp)

資料
https://speakerdeck.com/yuiki/how-to-handle-bitcoin-in-android


Chromebookで始めるラップトップ向けAndroidアプリ

場所
Room 6

スピーカー
Hosshan

資料
https://docs.google.com/presentation/d/19YA_kW45zlpzq9PcAMZN3k7_M37IpnZulodeb0jwQg4/edit

サンプルコード
https://github.com/Reyurnible/chromebook-android-sample


Exploring the Android Transform API

場所
Room 7

スピーカー
Marcel Schnelle

資料
https://speakerdeck.com/mannodermaus/exploring-the-android-transform-api


15:40


Androidエンジニアが抑えておくべきUnicode Emojiの知識

場所
Room 1

スピーカー
Takeichi Yuki

資料
https://speakerdeck.com/tacke_jp/unicode-emoji-for-android-engineer-droidkaigi09


Understanding Kotlin Coroutines: コルーチンで進化するアプリケーション開発

場所
Room 3

スピーカー
mhidaka

資料
https://speakerdeck.com/mhidaka/understanding-kotlin-coroutines-korutindejin-hua-suruapurikesiyonkai-fa


ちゃんとつくる Google Assistant アプリ

場所
Room 4

スピーカー
sesta

資料
-

諸事情によりキャンセルされました。


Grid systems and Android

場所
Room 7

スピーカー
soham

資料
https://speakerdeck.com/soham/grid-systems-and-android-droidkaigi-2019


16:00


詳解定期購入

場所
Room 2

スピーカー
Ryo Yamazaki

資料
https://speakerdeck.com/ymnder/xiang-jie-ding-qi-gou-ru


Redux for Android

場所
Room 6

スピーカー
yuyakaido

資料
https://speakerdeck.com/yuyakaido/droidkaigi-2019


16:30


From Monolithic to Modularized codebase with Dagger

場所
Room 1

スピーカー
tsuyoyo

資料
https://drive.google.com/file/d/1rICcpOK-5ly61KLqkyTlhgvAPKL18OPs/view


クロスプラットフォーム開発3種の神器 React Native / TypeScript / GraphQL

場所
Room 4

スピーカー
takuji31, Ryo Kitamura

資料
https://speakerdeck.com/takuji31/graphql-1a527ce1-a600-4b07-b4c8-0c0d99016702


16:40


ExoPlayer in RecyclerView(*), a proposal

場所
Room 7

スピーカー
eneim

資料
https://speakerdeck.com/eneim/exoplayer-in-recyclerview


16:50


Fireside Chat

場所
Hall A

スピーカー
-

資料
-


クロスプラットフォームモバイルアプリ開発ツール総ざらい2019 〜Titanium MobileからKotlin/Nativeまで〜

場所
Room 3

スピーカー
amay077(あめい)

資料
https://speakerdeck.com/amay077/native-made-number-droidkaigi


17:10


シームレスに遷移可能な画面を他のアプリに提供する方法

場所
Room 2

スピーカー
Takaki Hoshikawa

資料
https://www.slideshare.net/TakakiHoshikawa/droidkaigi-2019


Chrome + WebAuthn で実現できるパスワードレスなユーザー認証体験と開発者の課題

場所
Room 6

スピーカー
ritou

資料
https://speakerdeck.com/ritou/webauthn-at-droidkaigi-2019