Edited at

Antergos(ArchLinux)でEthereum PrivateNet作成

More than 1 year has passed since last update.


環境

Antergos

Geth


手順

基本ここに沿ってやるとだいたいうまくいく

https://www.gitbook.com/book/a-mitani/mastering-ethereum/details

が最近GethがUpdateしたため動かない箇所があるので導入部分メモ


Install/Build

pacman -S geth

もしくは

pacman -S git go gcc

git clone https://github.com/ethereum/go-ethereum
cd go-ethereum
make geth

違いとしてpacmanでinstallするとgethで起動できるけどsourceからやるとbuild/bin/gethで起動しないといけない.Path通したりしたら行けるのかな?試すのがめんどいので僕はpacmanでやりました.


環境設定

PrivateNetとLiveNetを切り分ける用にdirでわけてやる

mkdir ~/eth_private_net

vi ~/eth_private_net/myGenesis.json

でPrivateNet用のGenesis設定を作るが,Ethereum入門のままやると最新のGethだとエラー図れる.InvalidGenesisとかなんとか.

なので下記のやり方が公式Docにあったのでそちらを記載して保存

{

"config": {
"chainId": 15,
"homesteadBlock": 0,
"eip155Block": 0,
"eip158Block": 0
},
"difficulty": "200000000",
"gasLimit": "2100000",
"alloc": {
"7df9a875a174b3bc565e6424a0050ebc1b2d1d82": { "balance": "300000" },
"f41c74c9ae680c1aa78f42e5647a62f353b7bdde": { "balance": "400000" }
}
}

https://github.com/ethereum/go-ethereum/wiki/Private-network

あとは入門通りにInitする


初期化

geth --datadir ~/eth_private_net init ~/eth_private_net/myGenesis.json

ここでdatadirとかで指定してあげるとPrivateNetが切り分けでき,作成したGenesisから始まるBlockChainができるらしい

此処から先は入門通りすすめる


PrivateNet起動

geth --networkid "10" --nodiscover --datadir "/home/test_u/eth_private_net" console 2>> /home/test_u/eth_private_net/geth_err.log

引数詳細はサイト参考


採掘

僕の環境では

miner.start()

するとnullが帰ってきてマイニングできず..

詳細調べてわかったらまた載せます,,

一旦導入まで