Linux
Antergos
alienware

Antergosインストール後の設定

More than 1 year has passed since last update.


環境


  • WinPC(Alienware15R3 GTX1080Max-Q)

  • Windows10pro併用

  • SSDx2+HDDx1

SSD1にWindows10

SSD2にLinux

で別々インストール


やったこと一覧


言語設定


  • OS自体の日本語化はしない(Pathとか面倒だから)

  • USキーボ使っているためJPキーボ設定しない

  • fcitx-mozcをインストール

sudo pacman -Sy fcitx-im fcitx-configtool fcitx-mozc

# インストール完了後
reboot
# もしくはログアウトして再ログイン
# mozc設定
fcitx-configtool

+ボタンでMozcを追加.

これでCtrl+Spaceで入力切り替え可

このままだと日本語入力時に数字,スペース,アルファベット,記号などがすべて全角になるのですべて半角に設定する

# IMの設定ダイアログ表示

/usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog


  • General(1番左タブ)でSpaceInputStyleをHarfWidthに変更

  • Advance(左から3番目タブ)で選べるやつで「、。」以外をすべてHarfWidthに変更


TrackPad設定


  • 通常でも2本指スクロールは可能だったが,Macとかで慣れてると上にやったら下に移動してというあれができないので設定する

sudo pacman -S xf86-input-synaptics

#上記で/usr/share/X11/xorg.conf.d/70-synaptics.confというファイルができる
#内容を好きに書き換えて/etc/X11/xorg.conf.d/70-synaptics.confにCopy

# texteditorは好きなもので.Copy時はsudoたぶん必要
#自分の設定は
...
Section "InputClass"
Identifier "touchpad"
Driver "synaptics"
MatchIsTouchpad "on"
Option "TapButton1" "1"
Option "TapButton2" "3"
Option "TapButton3" "2"
Option "VertTwoFingerScroll" "on" #一応
Option "HorizTwoFingerScroll" "on" #これで横スクロールもできる
Option "VertScrollDelta" "-111" #マイナスをつけるとナチュラルスクロール,数値がでかいほど精度高く遅くなるらしい
Option "HorizScrollDelta" "-111" #マイナスをつけるとナチュラルスクロール,数値がでかいほど精度高く遅くなるらしい
...
#上記な感じ


ソフトウェア:Pacman→apt-get的な,yum的な.AUR→有志のリポジトリてきな?


  • GoogleChrome AURからDL

  • Slack AURから

  • Nemo:ファイラ Pacmanから

  • Remmina:Remote Pacmanから

  • freerdp:上記プラグイン的な Pacmanから


追記


  • Laptop-ode-tools AURから

  • VS Code AURから

  • NvidiaDriver たしかPacmanでいけた

  • debootstracp たしかAURから


AURからのアプリの導入方法(いつも忘れる)

cd ~/Downloads

tar xvzf dlFileName.tar.gz
cd dlfile/
makepkg -s #sudoでいろいろやってくれるから-sつける
sudo pacman -U dlfile #file名のところはものによる


Terminalをショートカットで起動


  • Settings>Devices>Keyboard

  • 一番下の+から新たに追加

  • Gnome環境ならCommandはgnome-terminal

  • Alt+Ctrl+tで追加(ここは好きでいいです)

一旦のメモです.以上