Posted at

UbuntuでTwitter bootstrap 3をコンパイルするまでの長い道のり

More than 5 years have passed since last update.

bootstrap3のコンパイルって大変なんだね・・・

とりあえずgitでbootstrap落としてきます。

git が無い場合はapt-get install gitしてください。

$ git clone https://github.com/twitter/bootstrap.git

きっと正しくはgit checkout v3.???みたいなのでバージョン指定するべきなのかもしれませんが、

今回はこのままmasterと戦います。

なんかbootstrapは3からgruntってやつでコンパイルされるらしく、Grunt.jsが設定ファイルらしいです。

gruntはnode.jsで動くらしいので、とりあえずnode.jsのバージョン管理ができるらしいnvmを入れます。

$ cd ~

$ git clone https://github.com/creationix/nvm.git .nvm
$ echo ". ~/.nvm/nvm.sh" >> .bashrc
$ . .bashrc

nvm ls-remoteでインストール可能なバージョン一覧が出るらしいので、適当に最新っぽいのをインストール。

どうやら2番目の数値が奇数の場合開発版らしいので、できるだけ偶数を選べばいいらしい。

$ nvm install v0.10.22

$ nvm use 0.10.22

node.jsが入ったと思われるので、gruntをインストール。

$ npm install -g grunt-cli

bootstrapをクローンしたディレクトリーに移動して、以下を実行。

$ npm install

$ grunt dist

これで完了!dist/ディレクトリーの下にcss/, js/, fonts/ができているはずです。

ちなみに、distって付けずに実行するとテストとかも実行するみたいなのですが、

これをやろうとするとjekyllが無いって怒られました。

がんばってrbenv入れてjekyll入れてみたのに変わらない・・・なんで?

まあルービーはわからない事だらけなので諦めましょう。誰かが優しく教えてくれるまで。