Help us understand the problem. What is going on with this article?

Revelのホームページを読んでみる(2

More than 5 years have passed since last update.

http://revel.github.io/
前回に引き続き、GolangのWebFramework、Revelのホームページを読んでいきたいと思います。Overviewからです

Overview

この項ではフレームワークの様々な機能を紹介していきます。

  • Routing: 簡素な記法と型安全なリバースルーティングを提供するルーティング
  • Controllers: 簡単なデータバインディングとバリデーションを提供しエンドポイントとなるコントローラ
  • Templates: Goテンプレートをシンプルにし、スケーリングできるようにしたテンプレート
  • Interceptors: アクションの前後で各コントローラごとに呼び出せるインターセプタ
  • Filters: より全体をカバーできるフィルタ

Routing

Revelは宣言型のルーティング構文を使用します。ルーティングは1ファイルに定義されます。構文はパラメータを除外したURIとマッチするシンプルなものです。さらに/hotels/:idのようにパラメータ付のルートも指定できます。

conf/routes.
GET    /login                Application.Login       # 単純なパス
GET    /hotels/              Hotels.Index            # /hotelsまたは/hotels/にマッチ
GET    /hotels/:id           Hotels.Show             # :idをパラメータとして取得
WS     /hotels/:id/feed      Hotels.Feed             # WebSockets.
POST   /hotels/:id/:action   Hotels.:action          # 定義されたアクションを自動的にルートとして作成
GET    /public/*filepath     Static.Serve("public")  # 静的ファイル
*      /:controller/:action  :controller.:action     # ルーティング自動構築

リバースルートは型安全な記法で作られます。

// Show the hotel information.
func (c Hotels) Show(id int) revel.Result {
    hotel := HotelById(id)
    return c.Render(hotel)
}

// Save the updated hotel information and redirect back to Show.
func (c Hotels) Save(hotel Hotel) revel.Result {
    // validate and save hotel
    return c.Redirect(routes.Hotels.Show(hotel.Id))
}

Controllers

全てのアクションはコントローラのメソッドです。これにより以下の利点があります。

  • Data binding: Revelはクエリストリングまたはフォーム送信データを、単純な値か構造体にバインディングし、アクションメソッドの引数として渡してくれます。またパラメータマップに直接アクセスすることも可能です。
  • Validation: c.Validation.Required(verifyPassword)のように、バリデート用のヘルパメソッドがあります。
  • Flash: c.Flash.Success("Welcome, " + user.Name)のように、一度のみ利用できるクッキーデータがメッセージのために用意されてます。
  • Session: c.Session["user"] = user.Usernameのように、セッションは暗号化されたmap[string]string型のクッキーです。
  • Results: c.Redirect(routes.Hotels.Index())のように、リダイレクトはリバースルーティングの恩恵を受けれます。テンプレートレンダリングでは、あなたのデータはローカル変数として利用できます。

例:

// app/controllers/app.go

type MyApplication struct {
    *revel.Controller
}

func (c MyApplication) Register() revel.Result {
    title := "Register"
    return c.Render(title)
}

func (c MyApplication) SaveUser(user models.User, verifyPassword string) revel.Result {
    c.Validation.Required(verifyPassword)
    c.Validation.Required(verifyPassword == user.Password).
        Message("Password does not match")
    user.Validate(c.Validation)

    if c.Validation.HasErrors() {
        c.Validation.Keep()
        c.FlashParams()
        return c.Redirect(routes.Application.Register())
    }

    user.HashedPassword, _ = bcrypt.GenerateFromPassword(
        []byte(user.Password), bcrypt.DefaultCost)
    err := c.Txn.Insert(&user)
    if err != nil {
        panic(err)
    }

    c.Session["user"] = user.Username
    c.Flash.Success("Welcome, " + user.Name)
    return c.Redirect(routes.Hotels.Index())
}

Templates

慣例通り、RevelはWebアプリケーションのビューデザインをGoテンプレートで行います。Regisiterテンプレートを見てみましょう。
Note:

  • Revelは使用されるアクション名を自動的に探し出します
  • fieldはフォーム用のバリデーションエラー値を保存したマップを返すシンプルなヘルパ関数です。必要があれば他の関数もヘルパとして渡すこともできます。
  • Renderメソッドの引数として明示された値はテンプレート中で使用可能です。(例ではtitleがheader.html内で使用されてます)
{{template "header.html" .}}

<h1>Register:</h1>
<form action="/register" method="POST">
  {{with $field := field "user.Username" .}}
    <p class="{{$field.ErrorClass}}">
      <strong>Username:</strong>
      <input type="text" name="{{$field.Name}}" size="16" value="{{$field.Flash}}"> *
      <span class="error">{{$field.Error}}</span>
    </p>
  {{end}}

  {{/* other fields */}}

  <p class="buttons">
    <input type="submit" value="Register"> <a href="/">Cancel</a>
  </p>
</form>

{{template "footer.html" .}}

Interceptors

インターセプタは、リクエストの前後で呼び出される、コントローラのメソッドです。またランタイムエラー時に呼び出すこともできます。コントローラを別のコントローラに組み込むことで、開発者はインターセプタとフィールドを多くのコントローラでシェアできます。
例として、データベースモジュールを挙げます。このモジュールは初期化時にコネクションを開き、グローバルハンドルDbにそれを保持します。加えて、db.Transactional型のフィールドであるsql.Txnを用い、トランザクションをインターセプタとして実現しています。

// github.com/revel/modules/db/app/db.go

var Db *sql.DB

func Init() {
    // Read configuration.
    Driver, _ = revel.Config.String("db.driver")
    Spec, _ = revel.Config.String("db.spec")

    // Open a connection.
    Db, _ = sql.Open(Driver, Spec)
}

// Transactional adds transaction management to your controller.
type Transactional struct {
    *revel.Controller
    Txn *sql.Tx
}

func (c *Transactional) Begin() revel.Result {
    c.Txn, _ = Db.Begin()
    return nil
}

func (c *Transactional) Commit() revel.Result {
    _ = c.Txn.Commit()
    c.Txn = nil
    return nil
}

func (c *Transactional) Rollback() revel.Result {
    _ = c.Txn.Rollback()
    c.Txn = nil
    return nil
}

func init() {
    revel.InterceptMethod((*Transactional).Begin, revel.BEFORE)
    revel.InterceptMethod((*Transactional).Commit, revel.AFTER)
    revel.InterceptMethod((*Transactional).Rollback, revel.PANIC)
}

これをアプリケーションのコントローラにミックスインすることで、開発者は簡単にトランザクションを利用できます。

type Bookings struct {
    *revel.Controller
    db.Transactional  // Adds .Txn
    user.Login        // Adds .User
}

func (c Bookings) ShowFirstBooking() revel.Result {
    row := c.Txn.QueryRow(`
select id, hotel_id, user_id, price, nights
  from Booking
 where UserId = ?
 limit 1`, c.User.Id)
    ...
    return c.Render(booking)
}

Filters

フィルタはアプリケーションのミドルウェアです。フィルタは単純な関数であり以下のような形式で定義します。

type Filter func(c *Controller, filterChain []Filter)

インターセプタフレームワークのような複雑なビルドインの機能もフィルタとして定義されています。

// github.com/revel/revel/intercept.go

var InterceptorFilter = func(c *Controller, fc []Filter) {
    defer invokeInterceptors(FINALLY, c)
    defer func() {
        if err := recover(); err != nil {
            invokeInterceptors(PANIC, c)
            panic(err)
        }
    }()

    // Invoke the BEFORE interceptors and return early, if we get a result.
    invokeInterceptors(BEFORE, c)
    if c.Result != nil {
        return
    }

    fc[0](c, fc[1:])
    invokeInterceptors(AFTER, c)
}

Revelはデフォルトのフィルターをカスタマイズできます。これは、本当に簡単で、使いたいフィルタを選ぶだけです。

// Filters is the default set of global filters.
// It may be set by the application on initialization.
var Filters = []Filter{
    PanicFilter,             // Recover from panics and display an error page instead.
    RouterFilter,            // Use the routing table to select the right Action
    FilterConfiguringFilter, // A hook for adding or removing per-Action filters.
    ParamsFilter,            // Parse parameters into Controller.Params.
    SessionFilter,           // Restore and write the session cookie.
    FlashFilter,             // Restore and write the flash cookie.
    ValidationFilter,        // Restore kept validation errors  from cookie.
    I18nFilter,              // Resolve the requested language
    InterceptorFilter,       // Run interceptors around the action.
    ActionInvoker,           // Invoke the action.
}

ほぼ全てのRevelの機能はフィルタとして実装されています。そしてそれらはコンフィグの一部であり開発者が見ることができます。これがRevelを理解しやすくし、またモジュール性を高める要因となっています。
モジュール性の証拠として、メインサーバハンドラがいかにシンプルかをご覧にください。

// github.com/revel/revel/server.go

func handleInternal(w http.ResponseWriter, r *http.Request, ws *websocket.Conn) {
    var (
        req  = NewRequest(r)
        resp = NewResponse(w)
        c    = NewController(req, resp)
    )
    req.Websocket = ws

    Filters[0](c, Filters[1:])
    if c.Result != nil {
        c.Result.Apply(req, resp)
    }
}

以上になります。ちょっと実際にやってみないと、よくわからないところもありましたね。チュートリアルがあるようなので、そちらで補えるといいですね。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした