PHP
JavaScript
キャリア
新人プログラマ応援
フリーランス

「お前らのフリーランスになるメリットは間違っている」というお話 〜 リク◯ート半端ないって!編 〜


お願い

この記事はいいねが短期間でつきましたが、Qiita運営側に都合が悪い内容なのでサイトTOPのトレンドやタイムラインに表示されなくなりました。

(大手企業が収入源なのでQiitaも都合が悪い。でも、勝手に記事を削除してしまうとサービスとしての信用問題になってくるからしない。といったところでしょう。)

読んでためになると思ったらSNSでシェアにご協力ください。


前回までのおさらい

前回、「フリーランスは事業だ」って話をした。

「お前らのフリーランスになるメリットは間違っている」というお話

しかし、フリーランスやってて色々なエンジニア(フリーや1人親方の経営者も含めて)と会うが、

「事業」と意識した判断・動きをしていない人がとても多い。

フリーランスといいながら、脳みそが会社員。

経営者やってるといいながら、脳みそが会社員。

そんな人がITフリーランスにはとても多い。

フリーランス1、2年の人やフリーランンスになってから現場を1、2現場しか経験してない人は99%これ。


会社員も立派な「事業」

まぁ、「会社員」も立派な「事業」だ。

「自分の1度しかない人生の時間」を「1日基本8時間の月約160時間」を「会社に販売(提供)」することで、

対価として「給料」「福利厚生」「社会的な信用」をもらっている

れっきとした

「事業」

ってわけだ。


もう1度聞くけどあなたはなぜフリーランスになったの?

スクリーンショット-2018-02-20-20.10.32.png

ちなみに

「俺は(私は)自由に働きたいだけなんだ!」

「単価がいいんだ」

「好きな時に起きて、好きな時に仕事がしたいんだ」

という人は今一度その考え方を振り返ってもらいたい。

「ホントに自由になってる? フリーになっても客とのしがらみがあるよ?大抵の人は客先に食い物にされてるよ?それで自由になってるの?」

「ホントに単価いいと思う?(ここらへんは前回話したやつ)」

「会社員でもリモートは増えているし、これからもっと増えるよ?その時のフリーランスをあえて選択する価値ってなに?」

まぁ、ここらへんはフリーランスになって1、2年の人はまだ感じてないと思う。

とりあえず目先の単価の良さに喜ぶだろう。

とりあえず会社のしがらみから逃れられたと錯覚していることに喜ぶだろう。

あなたが50歳になった時のことなんて全く想像できていずに実は目先の今の若さで成り立っているなどとうに知らずに喜んでいることだろう。

全部、私も体験したことだ。

当時フリーランスエンジニアの先輩が色々言っていたり行なっていた行動が当時は「こいつ何やってんだ?やばい奴だな」と思っていたが、今になってよくわかる。

彼は「事業」として動いていたんだ。ってことが。

自分らの方が実は「やばい奴」だったってことがね。

そう、あの頃の僕は「事業主として失格」だった。


リク○ートの現場半端ないって!

僕はリク○ートの現場に何度か携わったが、正直言って超ヤバイ。半端ない。

いや、もうパネェ。

優秀なフリーランスのフロントエンドが入ってこないのだ。

技術はそこそこあっても、フリーランス1、2年目程度の人たちしかいない。(フリーランスとしてはひよっこで脳みそは会社員のままだ)

なぜなら

・PMなどマネジメントがそもそもフリーランスが現場に入る判断基準が分かっていない。

・分かっていないから、現場内はフリーランスとして入るメリットが全くといっていいほどない。
・要求スキルセットが多い割に実質単価は低い。
・マネジメント側が無能なので要件出し・要件詰め(技術絡まないのに)などエンジニアリング以外もさせている。
    (いやいや、お前がやるんだよ。なに、フリーにやらせてんねん。)
・社内業務改善もフリー任せ。
    (何年も言ってようやく要件定義書がエクセルからbacklogになるも、結局またエクセルに戻り、変更差分が全く分からない始末。
    ソース管理も共有サーバーに生ファイル置いてるだけ。フリーのエンジニア達が頑張って2年越しでGitになんとか変える。
    が、そういうのはもう「コンサルティング」の世界なのに実質タダ働き。
    リク○ートからすれば、タダで改善してくれて、したり顔。社員は「お前よく操ったな!」と社内評価が上がっていることだろう。)
・その他にも、やっている事やビジネスの判断基準が目先の利益だから、ゴリゴリのフロントエンジニアからすると「つまらない」。

だから、優秀なフロントエンジニアが寄り付かない。

僕も請負契約で入ったのに「現場に必ずきて欲しい」と入った後から言われ、「契約と違う」という話をしたが、「体制変わるので」というこじつけ理由で首を切ってきた。

(まぁ、そもそも偽装請負などなど横行している会社としてフリーランスエンジニアには有名だが。)

知り合いの優秀なエンジニアの方々も「あそこは入りたくない」という話をよく聞く。

WEB系でありながら、Javaを使った業務システムの現場などにありがちな「エンジニアを搾取する」構造が未だに続いている。

フリーランス1、2年目でまだそういった仕組みを知らない人や操りやすい会社員脳なままのフリーランスを雇って会社員と同等に扱って仕事をさせている会社と言っても偽りはない。

(一般社員はそんな現状を知らないからクリーンな会社だと勘違いしている)

そこの会社では、3現場(フロント2現場、php1現場。どれも有名サービス)入ったがまぁ全部酷いものだ。


リク○ート半端ないって!

めっちゃ平気で偽装請負するもん!

めっちゃ無知なフリーランスを実質低単価で働かせてるもん!

そんなんできひんやん普通!

そんなんできる?

言っといてや、出来るんやったら!


68747470733a2f2f656e637279707465642d74626e302e677374617469632e636f6d2f696d616765733f713d74626e3a414e643947635366314841315652684763457175436e62794b3365783830676c556f7333756b316e46313372674e6a5f4c437047536c7956474771614374346d.jpeg

例えるなら、そんな感じ。

それを知りつつも何も声を出さずに仕事してるフリーがいるが、はっきり言って「同罪」だ。

そういうエンジニアは、なんら会社員と変わりはしない。

あなた方がフリーランスエンジニアの地位を低くしている。搾取の構図に加担している加害者だ。

みんなどの企業もやってんだから、そのくらいいいじゃん?という意見もあるが、

スピード違反して捕まった時に「周りもスピード違反してるじゃん!」という言い訳がはたして通用するだろうか?

ちなみにうちは法人でサービスも運営しているから、エージェントからよく「フリーランス雇わないか」って営業メールが来るが、内容がヤバイ。その一部をそっくりそのまま載せておく。


“正社員ではない”という点を除けば、

①採用市場ではまず出会えない非常に優秀な人材と会える

②高額な採用費もかからず稼働分だけ支払えばいい

③翌日や翌週からで稼働が可能

④リモートや評論家ではなく社員のように仕事を委託できる

⑤パフォーマンスに不満があれば即時途中解約もできる

など非常に合理的であり、

その点を数々の成長企業経営者様にご評価頂いております。


④の「社員のように仕事を委託できる」って。。

エージェントも偽装請負と分かっててフリーランスをブッ込んでいるわけだ。

CC画像111.jpg

そんな現場での実例も踏まえて、フリーランスを「事業」として考えた場合、何が「間違っているか」を紹介しよう。


間違いその1:もらっているんじゃない。売っているんだ。

会社員だともらうお金を「給料」というが、

フリーランスでは「単価」なんて言い方をする。

しかし、フリーランスになっても「もらっている」感覚が抜けていない人が多い。

この感覚の違いでその後の色々な間違いが生まれてきてしまう。


間違いその2:あなたは何を販売しているの?

単価は人によって違うだろうが、80万だったとしよう。客出し単価が80万だ。

エージェントを1社通したとすれば大手エージェントだと2割抜かれるので、フリーランスエンジニアに入ってくるのは「64万程度」だ。(消費税はここでは考えない)


月の単価は64万

事業として考えた場合、月64万をいただくかわりに「それ相応」の商品を提供しなければいけない。

じゃないとぼったくりになってしまう。

エンジニアなら提供する商品といえば「技術」だろう。歯医者なんかと同じだ。

しかし、

じゃあ、技術って具体的に何を提供しているの?

ってことだ。


「技術」と一括りにしてはいないか?

フロントエンドであれば、基本HTML・CSS・JavaScriptだろう。

ここで、大抵のフリーランスはどツボにハマる。

なぜなら、「フロントエンド技術」といっても様々だからだ。

jQueryできる程度のスキルなのか?

CSSの設計はできるのか?
reactやvueといったFWも扱えるのか?
コンポーネント設計まで出来るのか?
サーバーサイドも出来てサーバーサイドも考えた実装や設計が出来るのか?

もっと細かく言えば、

要件詰めまでエンジニアが入ってやらなければならないのか?

進行管理まで気にする必要があるのか?

というのも「提供価値」だ。

もっと言えば、残業出来るかどうかも提供価値だ。

それが事業としての「当たり前」だ。

美容整形外科が持つ技術スキルを「外科手術のスキル」とひとくくりにして何の手術をやっても同じ値段で提供するわけがない。

「鼻手術」とひとくくりにするわけがない。

「鼻ヒアルロン酸」の場合も「隆鼻術」の場合も「同じ外科スキルを使って鼻を高くするものだから」と同じ値段にするわけがないのだ。


もう1度聞く。何を提供してる?

question_1521516490-1024x641.jpg

だから、「フロントエンド技術を提供して64万もらう」にしても

jQueryできる程度のスキルを提供して64万なのか。

サーバーサイドも分かりFWも扱えるスキルを提供して64万なのか。

これは、全く異なってきてしまう。

フリーランスで64万のフロントエンドの案件は死ぬほどある。

なぜなら、相場からするとかなり安い単価だからだ。

求められるスキルも「jQueryできる程度のスキル」がほとんど。(もちろん、小さな会社などで求められるスキルレベルが高い割に単価が安い案件は除く)

ちなみに実例の現場では、

サーバー側がJavaを使っていてJSPの修正もフロントエンドが行っている

vue.jsを使っている。
CSS設計もがっつり行っている。
進行管理も気にする必要がある。(マネジメントが無能なので)
要件詰めでも気にしてコミュニケーションコストもかける必要がある。
契約は請負契約なのに現場に常駐させられる。(勤怠連絡や客先からの指揮命令がある)

それで64万。


あなたはMacBookProのフルスペックをデフォルトスペック価格で販売している

ということは、

提供している価値を相場ほどで割引くと実質単価は3〜40万程度で募集されている案件と同等ってところだろう。

いわゆる事業としては「機会損失」になっている。

同じ64万の売り上げでも

一方は、
jQueryできる程度のスキルを販売して64万。

一方は、
色々セットで64万。

後者の場合、もっと売れるはずだったのに「安売り」している事になる。

「あなたはMacBookProのフルスペック(CPUもメモリもMAXだ)を

デフォルトスペックの価格で販売したわけだ。」

もう、ジャパネットタカタばりの大盤振る舞い。

ノートパソコンにサービスでなぜか電話機つけちゃってるくらいの大盤振る舞いだ。

3468_1.jpg

しかも、この単価だとまさかの「社員でいた方が金やもろもろ含めると実質の受ける価値は高いんでない?」という事実。

さらにはやってる内容もフロントエンジニアが好きな「クリエイティブさ」が全くないとなれば、そりゃあ、フリーランス何年もやってる優秀なフロントエンジニアが来ないわけだ。


提供価値(商品価値)に対して「販売価格」が存在する

同じ単価やそれ以下の単価なのに開発スピードが求めれたり、スキルセットやスキルレベルが要求されていたりする。

「その単価でもらっているんだから仕方ない?」

-トップ-e1516628305413-1000x600.jpg

バカを言うな。だからお前は稼げないんだ。

『Yシャツをクリーニングする時だって、チラシをスピード納品してもらう時だって、郵便を速達で出すのだって通常より高いのが当たり前だ』

『スタバでホワイトモカシロップ追加するのだって、車にオプション装備つけるのだって、通常より高いのが当たり前だ』

(ちなみにスタバのクールライムにホワイトモカシロップ追加するとめちゃウマなのでオススメ)

それは、どの会社も

事業としてやっているからだ。価値が上がっている分、相応の金額を客に請求するわけだ。

それなのに開発スピードを早く、色々な技術スキルも求められ、雑務もさせられる。

そう、

「させられる」

という感覚でいるからおかしくなる。

もう、会社員の脳みそだ。


あなたは、それを提供している。

あなたは、それを販売している。

あなたは、金をもらっているんじゃない。

あなたは、金を請求している。


e9e4f154.jpg

それなのに同じ価格や相場より安い価格で販売しているのだからそりゃあ稼げなくて当然だ。

同じ単価(表面単価)でも、提供している商品価値で実質的な単価(実質単価)は全く異なる。


実質単価を各企業は下げる事を考えている

物価が下がってると言われてるけど実質は上がっている。

なぜなら、同じ金額でも内容量が少しずつ減ってるから。

実質的な物価上昇。

同じように実質単価を下げる工夫が各企業ではなされているわけだ。

いかに気づかれずに実質外注費を抑えてうまく操るか。を試行錯誤している。

昨今話題の「スクラム開発」とかもいい例。

(私もこのQiitaに記事を書いているくらいスクラム開発自体は好きだが、「事業」として考えると割に合わなすぎる)

ちなみにここらへんは大きな会社の上層部や手練れた経営者なら当たり前に分かっている話だ。(こういった経営者なら当然に判断するための知識は、ウェブカツ!!でも嫌という程生徒に叩き込ませている)


客側は知らぬ存ぜぬの素知らぬ顔で「さも当たり前でしょ?」という雰囲気で要求をし、私たちフリーランスの実質単価を下げている。

(PMレベルだと知らない人も多いけど)


6e4e89dc.jpg

ちなみに私は現場では実質単価相応の働きしかしないが、そういった考え方を知らないひよっこフリーランスやPMから見ると「もっとちゃんとやって欲しい」と思われてるハズだ。

そう言われたとして、会社員の脳みそであれば「そうだよな。ちゃんとやらないと」となるが、事業として考えれば「バカを言え」という事だ。

「事業」としてちゃんとやらねばならない。

もちろん、あなたが「サービスの一貫として無料で提供したい」と思っているのなら止めはしない。

24時間空いているファミレスのように規定時間外の作業(会社員の言葉で言うなら残業)ができる事をサービスとして付加価値にするもよしだ。(って、大抵は価格にわからないよう上乗せされて含まれてるし、ファミレスなら深夜料金がある。)

しかし、

フリーランス一人一人が事業としての価値を把握して守っていかねば、価値ある商品の無料ばら撒きが増え、低価格化競争になり、それは回り回ってあなたに跳ね返ってくる。そして、最終的にはフリーランスになる人はほとんどいなくなるだろう。

どの業界でも低価格化競争の末路は「悲惨」だ。


nebiki.png


あなたたちは所詮「使い捨て」だ

pr◯gateを筆頭に今流行っているプログラミング学習サービスやエージェントが主催や提携している学習スクールについて私の見解を言おう。

優しく言って

アホなフリーランスエンジニア量産スクールだ

なぜなら、

IT業界は人材不足ではないからだ。

 

え?巷ではよく人材不足だと言っているって?周りのPMなりCTOも言っているって?

1fa8523cb75711c1c1dade3f727bb61b.jpg

実は違う。

人材が不足している(フリーランスも含め)と企業が言っているのは

「実質低単価で働かせられる人材」が不足している

ということだ。

ここでは、フリーランス人材の不足について話すが、

今のフリーの案件を見ると単価80万〜100万前後が多いだろう。

え?単価100万もらえたら万々歳だろって?

何を寝ぼけたこと言っているんだお前は。

単価80万〜100万なんてのは、

「ウンコ」

みたいな単価だ。

もう1度言う。

「ウンコ単価」

だ。

略して「ウン単」だ。

ウン単エンジニアとでも呼ぼう。

もちろん、単価は市場で決まるわけだが

「市場」自体がしょうもないプログラミングスクールやサービスのせいが大きく手伝って社員の方が実際は良いまでの「低単価」に下がってきている。

それは、どのスクールも「まず教えるべき事」を教えず、Railsをちょろっと教える程度。

そして、すぐに「フリーランス」として現場にぶっこんでいるのが大きい。

それが

エージェントも企業も金になる

からだ。

安い金でやってくれて企業もエージェントも万々歳。

エージェントも「会社員の脳みそ」したフリーランスという「名前だけ」の操りやすいエンジニアから上手く中抜きできる。

企業も会社員雇うより全然安い金で働かせられて、いらなければすぐ「ポイ」と捨てられる。

エンジニアが数年経って賢さがついたところで、新たな使い捨ての「アホフリーランス」が量産されているわけだから困りはしない。

そういう「フリーランス使い捨てシステム」が出来つつあるのだ。

そして、フリーランス側もそうなってくると

現場に何年も居座って「お局」さながらに君臨し、抜けては困る状態に陥らせて「単価を上げる」

という「しょうもない選択肢」を取る人も増えてくるだろう。(なら、会社員やりなさい。という話。)

20161018191342.png

もちろん、スクール側が1から10まで全てを教えることもできないし、実際に現場に入って学んだ方がいいのはある。

それに全くの初心者が転職出来る基盤作りにもなっているし、フリーランス自体「使い捨て」であって当然だ。

ただ、それにしても「企業とエージェントが金になるだけ」の構図がとても見えてしまう。

なぜなら、

「使い捨て」になる以上は「それ相応の金額」をもらわねばならないからだ。

それなのに、うちのスクールみたいに「フリーランス側が金になる事」は他のサービスでは一切教えていないわけだ。

(エージェント系は特に自分の不利益になるので絶対に教えられないし、IT企業と提携しちゃっているとそういう話も絶対できない)

正直、今ちまたにあふれている大抵のフリーランス案件というのは「使い捨て」になる以上の相応の金額にはなっていないのだ。

フリーランスでやっている、そこのあなた。

事業主としての自覚を持たなければ結局会社員と変わりはしないぞ?

今こそ立ち上がれ、フリーランスエンジニア達よ。

d12f2d83.gif

「権利」とは黙ってもらえるものではない。「勝ち取る」ものだ。


つづく


P.S. 「フリーランスの協会」作りやす。

いきなりですが、私はゆくゆくはフリーランスエンジニア達の協会を作りたいと思っています。

(デザイナーも入れたい)

その会員同士で「アイディアのある人」「技術のある人」でチームを作ってサービスやアプリを作って売り出せる環境を作りたいと思っています。

(そこはひとまずウェブカツ!!の会員内で近々やるんですが、僕のビジネススキルや既存顧客も活用して会員内でお金を生み出す環境を作ります。)

資金が苦しい中で外注費もばかにならないのなら、収益上がった時にシェアする形でみんなやれば少なくともマイナスにはなりません。

(失敗したって、それ自体が実績として自分の看板にもなります)

今でも「フリーランス全般の協会」というものはありますが、正直言って生ぬるいです。

(こんなんhttps://freelancekyokai.com/

今のところ、いりもしない「保険」の加入を勧められるくらい。

大手企業が既にバックについてしまっているので、偽装請負など色々な暗部にメスは絶対に入れられませんしね。

フリーランスの情報を集めて管理してビジネスやりたいのと官僚の天下り先として使われるんでしょう。

まぁ、「協会」というと大それた感ありますが、僕の言う協会というのは詳しくは下のコメントの方に書いてるので読んでください。

簡単に言えば、フリー側に「選択権」がない事がフリーとしての最大のデメリットであって、

それをなくすためにきちんと基盤をみんなで作りましょう。ってことです。

法律に弱ければ協会専属の弁護士に聞けて

ビジネスに弱ければ協会のコンサルタントに聞けて、

営業が弱ければ優秀な営業マンから学べたり動いてくれる。

そういう場にもしていきます。

" 私たち一人一人はただの「蟻(アリ)」でしかありません。

所詮、象が足を上げてしまえば踏み潰されて終わる存在です。

しかし、「個」の力では踏み潰されるアリでも、千匹、1万匹にもなれれば象をも倒す力をもてます。

そうなれば、百人力です。

「アリの底力」、見せてやりましょうや! "

過去に悔しい思いをした方。フリーランスエンジニアのための協会作りたい!あったらいいな!ゆくゆく入りたいかも!という人は

僕が運営しているウェブカツ!!でモンハンのように「一狩り(一稼ぎ)いこうぜ!」なギルドシステムを先行登録受付中なので、ユーザー登録の上で、ギルド登録をお願いします。

(ただし、真面目に稼ぎたいって人でないと逆に仲間に迷惑になるので、月に使える時間が80時間以上の人が優先になります。頑張って自分で時間を捻出しようとか開発に優先度上げられない人は参加しても難しいです)

ちなみに今侍エンジニア塾が炎上してますね。

マンツーマンスクールで週6時間のリモート講義、期間半年にもかかわらず70万以上もする割に自習教材がクソっていうスクールです。

うちのウェブカツ‼︎にも前々から騙されて駆け込み寺のように来る生徒が増えていて「ウェブカツ‼︎でもマンツーマンやって欲しい!」って声が多くなってきたので、来月からマンツーマン講座を開講します。

初心者生徒が中心ですが、僕だけだと手が足りなくて死ぬので「講師やってもいいよ?」って人も募集してます。

詳しくはギルド登録後に問い合わせからメール下さい〜


間違いその3:人件費や交通費は費用だよ?


間違いその4:なんで1つの現場にいるの?


間違いその5:なんで何年もいるの?


間違いその6:なんで見積もり工数を周りと同じにしてるの?


間違いその7:1人日かかるものは、必要工数1人日じゃないよ?


間違いその8:仕様変更?それって金取ってる?


間違いその9:勤怠の連絡?いや、違うでしょ