1. kazu20

    No comment

    kazu20
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,47 +1,54 @@
+#2016年12月10日追記
+vulsのREADMEではgo-cve-dictionaryのインストールにmake installを使っており、
+その場合、エラーは発生しないためこの手順は不要です。
+最新情報はhttps://github.com/future-architect/vuls
+を参照するのが確実です。
+kotakanbeさんご指摘ありがとございます。
+
#はじめに
脆弱性検知のためにvulsの動作確認をしていて、新しいサーバでも使えるようにしようと思ったら、go-cve-dictionaryのインストールでこけたので、それを回避する手順を書き記す。
#確認環境
| | |
|:-:|:-:|
|OS | CentoS6.5 |
|go |1.7.3 |
#エラー内容
[あなたのサーバは本当に安全ですか?今もっともイケてる脆弱性検知ツールVulsを使ってみた] (http://qiita.com/sadayuki-matsuno/items/0bb8bb1689425bb9a21c)
この手順に沿ってインストールしようとすると、go get github.com/kotakanbe/go-cve-dictionaryが以下のようなエラーでこける。
```
[root@localhost ~]# go get github.com/kotakanbe/go-cve-dictionary
package github.com/labstack/echo/engine/standard: cannot find package "github.com/labstack/echo/engine/standard" in any of:
/usr/lib/golang/src/github.com/labstack/echo/engine/standard (from $GOROOT)
/root/.go/src/github.com/labstack/echo/engine/standard (from $GOPATH)
[root@localhost ~]#
```
#go-cve-dictionaryインストールエラーの原因
go-cve-dictionaryの中で"github.com/labstack/echo/engine/standard"をインポートしてるが、最新のlabstack/echoのmasterにはなく、v2.2.0以前にしか残っていない。
#go-cve-dictionaryインストール
事前にlabstack/echoのv2.2.0を$GOPATH/src/github.com以下にクローンをして、go get github.com/kotakanbe/go-cve-dictionaryを実行すれば良い。
```
$ mkdir -p $GOPATH/src/github.com/labstack
$ cd $GOPATH/src/github.com/labstack
$ git clone https://github.com/labstack/echo
$ cd echo
$ git checkout 54a4d3140722793aa1cc430bd8a4a73aedff2783
$ go get github.com/kotakanbe/go-cve-dictionary
```
#vulsインストール
vulsインストール以降は、[あなたのサーバは本当に安全ですか?今もっともイケてる脆弱性検知ツールVulsを使ってみた] (http://qiita.com/sadayuki-matsuno/items/0bb8bb1689425bb9a21c)と同じ手順でOK。
```
$ sudo mkdir /var/log/vuls
$ sudo chown USER_NAME /var/log/vuls
$ sudo chmod 700 /var/log/vuls
$ go get github.com/future-architect/vuls
```
GOのimportの時にバージョン指定ができるといいんだけど、できないみたいなのでこの手順で回避した。